KSCへの開示請求によるメリットやデメリット

KSCへの開示請求について

a0001_016148

この全国個人信用情報センターとは、日本にある銀行系金融機関が加盟している個人信用情報機関になります。銀行では融資業務がありますので、ほぼ日本の全ての銀行系金融機関が加盟しているといっても過言ではありません。

そして、銀行系は、クレジットカード審査において一番厳しい系統になりますが、この全国銀行個人信用情報センターに登録されている信用情報を元に対策を立てれば、そのハードルは低くなる事でしょう。

つまり、銀行系のクレジットカードに申し込む場合には避けては通れない個人信用情報機関が、この全国銀行個人信用情報センターになるのです。

 

そこで、今回の記事ではこのKSCへの開示請求におけるメリットとデメリットについて説明しますね。

 

スポンサーリンク


KSCに開示請求した場合のメリットはこちら

日本にある銀行系金融会社を網羅している全国銀行個人信用情報センター(以下KSC)なので、銀行系のクレジットカード審査の対策を立てるためには、ここに登録されている信用情報の開示請求は欠かせません。

何せ、タダでさえクレジットカード審査が厳しい銀行系においては、事前準備無しに突撃(?)するのは無謀とも言えますから。

 

特に、クレジットカード審査に不安のある方は、クレジットカード申込前に必ずKSCに登録されている信用情報の開示請求を行って下さい。

身に覚えの無い延滞情報や登録されているはずの事故情報が登録されていないなど、今後のクレジットカード審査において重要な発見があるかも知れませんから。

 

KSCには官報情報が登録されている

また、KSCには他の個人信用情報機関には登録されていない官報情報が10年を超えない期間登録されていますので、過去に官報に掲載されたことのある方は登録の有無の確認も重要になります。

10年を超えない期間=必ずしも10年間登録されている訳ではないので、この登録の有無の確認は非常に重要になります。KSCの信用情報に官報情報が登録されている場合には、まずクレジットカード審査には通りませんから。

 

KSCに開示請求した場合のデメリットはこちら

これについては、CICやJICCと同様に、開示請求に当たり所定の手数料が掛かります。それで、KSCへの開示請求手数料ですがセンターへの郵送による申込のみの受付となっており、開示手数料は1,000円になります。

1,000円と言えば、少し豪華なランチを我慢すれば浮く金額になりますので、銀行系クレジットカードを狙っている方は是非開示請求を行って下さいね。

しつこいようですが、銀行系のクレジットカード審査に通らないのであれば、何を差し置いてでもこのKSCへ信用情報の開示請求を行い、カード審査に通らない理由を探し出して下さいね。

 

スポンサーリンク






最短即日発行のクレジットカードはこれ



サブコンテンツ

このページの先頭へ