アコムACマスターカードの評判や審査基準はこうなっています

ACといえばアコム株式会社

acmaster

ACマスターカード審査。このACって何を思う方がいるかも知れませんが、このACとはacom、つまりアコムマスターカードの事になります。

このアコムとは、消費者金融を利用している方のみならずクレジットカードやカードローンなど、他金融商品を利用している方であれば知らない方はいないほど有名な消費者金融会社になります。良くテレビCMが流れているので、金融商品を利用していない方にも知名度は抜群化と思いますけど。

 

そして、このアコムは消費者金融会社なので、キャッシング専門と思われている方がいるかも知れませんが、事業内容としてはキャッシングの他にもクレジットカード事業も展開しているんですね。

さらに言えば、アコムは消費者金融会社という事で、他のクレジットカード会社とは少し異なっている審査基準を採用していますので、今回の記事で説明しますね。

 

毎月収入があればパート、アルバイトでも申込可能!
最短即日スピード発行のACマスターカードの申込はこちら
↓  ↓  ↓

 

ACマスターカード審査

ここからは、消費者金融系で唯一のクレジットカード、ACマスターカード審査について説明します。

 

■ACマスターカードの申込条件とは?

ACマスターカードの申込条件ですが、下記の通りとなっています。

20歳以上69歳以下の安定した収入と返済能力を有する方

このACマスターカードですが、他のクレジットカードの申込条件とは少し異なっており、20歳以上から申込OKとなっています。一般的なクレジットカードの申込年齢は18歳以上なので、未成年の方は申込をする事が出来ません。

もっとも、アコム自体が消費者金融であり、アコムを含めた消費者金融会社が提供しているキャッシングの申込年齢が20歳以上となっていますので、この申込年齢をクレジットカードにも適応した格好になっていますね。

 

■アコム株式会社の加盟信用情報機関とは?

ACマスターカードを発行しているアコム株式会社が加盟している個人信用情報機関ですが、これはCICとJICCの2機関となっています。つまり、基本的にCICやJICCに金融事故情報が登録されていると審査に落ちる可能性がありますので注意が必要です。

 

■ACマスターカード審査での必須事項とは?

ACマスターカードの申込年齢は20歳以上69歳以下となっていますので、19歳以下=未成年や70歳以上の高齢者は申し込む事が出来ません。また、安定した収入と返済能力を有する方という条件もありますので、無職や専業主婦の方も申込を行う事が出来ません。

また、他のクレジットカードでは、無職はNGですが専業主婦で配偶者に一定の年収があれば審査への申込が可能なものがありますが、このACマスターカードではあくまで申込者本人の返済能力を重視しています。

そのため、専業主婦では申込は出来ませんが、比較的収入の少ないパートやアルバイト、さらに雇用期間が不定期の契約社員や派遣社員でも申込可能→審査に通る可能性があります。

 

もっとも、ACマスターカードは他のクレジットカードとは違って申込者の返済能力(現在の収入の有無)に重きを置いていますので、多少クレジットヒストリーが少ないという方でも審査可決実績があるのが特徴です。

※関連記事審査におけるクレジットヒストリーはあなたの歴史です

逆に言えば、このACマスターカードを作成して毎月の支払いを延滞無くしっかり行う事で、信用情報に良好な支払い実績を登録する事が可能になります。

 

毎月安定した収入があればパート、アルバイトでも申込可能!
最初の1枚として最適なACマスターカード
当サイト申込件数No.1のACマスターカード
acmastercard3
 
 

ACマスターカードの口コミ

このACマスターカードは、他のクレジットカードとは違い、申込者の過去の状況では無く現在の収入状況を重要視しています。そして、インターネット上のクレジットカード口コミサイトにこれを裏付けるような口コミがかなり投稿されていますね。

 

CICに異動1件あり(完済済)だけど夕方には無人契約機で無事発行
ACカードからの切り替えでCICに異動2件ありましたが切り替えOKで無人機にて即日発行
CICに異動2件(全て完済済)あるが可決

 

など、クレジットカードの口コミサイトには、個人信用情報機関の信用情報にネガティブ情報が登録されていても、それが完済済みであれば現在の収入状況を重視しての審査可決情報が多数ありました。(ここに記載したのはほんの一部)

ちなみに、他クレジットカード審査の書き込みでは、このように信用情報に異動情報が登録されている場合の審査可決情報はほとんどありません。

また、喪明け(過去に金融事故を起こしており、その事故情報が信用情報から削除されること)後の方や派遣社員、アルバイトなどの職種の方でも複数の審査可決実績がありました。これらの事を総合すると、このACマスターカードは申込者の収入状況を重要視している事が分かりますね。

 

ACマスターカード審査に関するQ&A

ここからは、あなたが気になっているであろうアコムACマスターカード審査に関するQ&Aについて説明していきます。

 

Q.ACマスターカード審査は誰でも通りますか?

A.当サイトで何度となく説明していますが、クレジットカード審査には100%や絶対は存在しません。ですので、アコムACマスターカード審査に申し込んだ方全てが審査に通る事は無いと思った方が良いです。

ただし、このアコムACマスターカードを発行しているアコム株式会社は現在消費者金融系でクレジットカードを発行している唯一のクレジットカード会社であり、系統別審査状況の

消費者金融系>流通・石油系>信販・独立系>銀行系(右に行くほど審査が厳しめ)

からも分かるように銀行系や信販、流通系クレジットカードと比べその審査状況はお分かりいただけるかと思います。

 

Q.ACマスターカードの審査基準を教えて下さい

A.ACマスターカードの申込条件を見てみると

20歳以上69歳以下の安定した収入と返済能力を有する方

となっており、安定した収入と返済能力ががあれば申込可能となっております。もちろん、クレジットカード審査なので、個人信用情報機関の信用情報に金融事故情報が登録されている方は審査に通る事は難しいでしょう。

ただ、先程の口コミにもありますが、信用情報に異動情報が登録されていたとしても、すでにその延滞が解消されているのであればカードが発行される可能性があります。

いずれにせよ、最終的なクレジットカード発行の可否を判断するのはアコム株式会社になりますので、一度チャレンジされてみてはいかがでしょうか?

 

Q.申込条件の返済能力を具体的に教えて下さい

A.通常のクレジットカード審査では、申込者の属性情報や個人信用情報機関に登録されている信用情報の中身を重要視していますが、アコム株式会社は消費者金融系金融会社なので申込者が今後延滞なくきちんと支払ってくれるのか?=返済能力を一番重要視しています。

そして、この返済能力ですが、クレジットカードやキャッシングなどの利用代金を毎月の支払日までにきちんと返済する事が可能なのか?になり、毎月返済するためには毎月安定した収入が必要になるのです。

つまり、毎月の生活費を支払った上でクレジットカードやキャッシングの利用代金を支払う事が出来るのであればパートやアルバイトの方でも申込可能ですが、安定した収入が無い無職や専業主婦の方は、このACマスターカード審査に申込を行う事が出来ないんですね。

 

Q.パートやアルバイトでもACマスターカード審査に通る事は可能ですか?

A.先程の申込条件の通り、20歳以上69歳以下で安定した収入と返済能力があればパートやアルバイトの方でもACマスターカードが発行される可能性があり、またインターネット上の口コミでもパートやアルバイトの審査可決実績が多数報告されています。

もちろん、大学生や専門学校生でもアルバイトで毎月収入があれば申込可能です。

 

Q.ACマスターカード審査には勤務先への在籍確認はありますか?

A.ACマスターカードを発行しているアコム株式会社は消費者金融系であり、消費者金融系は顧客にカードを介して直接お金を融資している会社になるため、必ず申込者への在籍確認電話があります。

ただ、いくら在籍確認の電話だからと言っても、アコムの担当者がアコム株式会社ですが…などと自社名で電話する事はなく、勤務先へ消費者金融からの電話だという事は分かりませんのでご安心ください。

 

少なくても良いので収入があれば問題ありません!
最初の1枚として最適なACマスターカード
当サイト申込件数No.1のACマスターカード
acmastercard1
 
 

こういった方はACマスターカード審査に通らない可能性があります

ACマスターカードの申込条件は、20歳以上69歳以下で安定した収入と返済能力を有している方になっていますので、会社員はもちろん、パートやアルバイト、学生や専門学校生でも安定した収入があれば申込→カード発行の可能性があります。

ただ、ACマスターカードが発行されるためには審査に通る必要がありますので、ある条件によってはこの審査に通らない可能性があるのです。そこで、ACマスターカード審査に通らない可能性がある条件ですが、

 

■信用情報に金融事故情報が登録されている
■40歳前後(またはそれ以上)でクレジットヒストリーの登録が無い
■自営業、日雇い、風俗、水商売等の従業員
■勤続年数が短い(数ヶ月程度)
■年収が少ない(会社員は200万円以下、パート・アルバイトは120万円以下)

 

となっています。この中で信用情報に金融事故情報(自己破産による免責を受けた場合など)や勤続年数が短い、年収が少ないという条件は理解出来ますが、自営業の審査否決情報が多いのには少し驚きました。

もっとも、自営業はその業種の特徴から一般企業と比べ収入が安定しない傾向がありますので、安定した収入と返済能力を求めている消費者金融系のACマスターカード審査の特徴とも言えますね。私は自営業者ですが、流通系や信販系のクレジットカードを計5枚程保有していますから。

 

ACマスターカード審査に通らない方はこちらのカードがお勧めです

先程も説明しましたが、信用情報に金融事故情報が登録されている方や特殊な職業に従事している方、さらには勤続年数や年収が少ない方は、ACマスターカード審査に通らない可能性が高くなります。

これは、いくら消費者金融系のクレジットカードとはいえ、そこには審査基準があり審査基準を満たしていない方を審査に通す訳にはいかないためです。

ですので、そういった方はACマスターカード審査に通らない可能性が高くなりますので、その場合にはACマスターカードを発行しているアコム株式会社が発行しているACカードがお勧めになります。

 

アコム株式会社が発行しているACカードとは?

このACカードですが、先程まで説明していたACマスターカードと比べ、マスターの名称がありません。という事は、このACカードはクレジットカードでは無いんですね。

また、マスターブランドが付いていないから、クレジットカードの中でもハウスカードなのかな?と思う方がいるかも知れませんが、このハウスカードとも違います。(アップグレード出来るという意味では同じような気もしますけど)

 

それじゃあ、このACカードとは一体どういったカードなのかというと、アコム株式会社が消費者金融という事からも分かるようにキャッシング専用のカードになります。

当サイトはクレジットカード審査を含めたクレジットカード専門になっているにも関わらず、何故キャッシング専用のカードを紹介するのか?については、これから順を追って説明していきますね。

 

ACマスターカードとACカードは同じアコム株式会社が発行しています

ここが重要になりますが、ACマスターカード(クレジットカード)とACカード(キャッシング専用カード)ですが、この2枚はいずれもアコム株式会社が発行しているカードになります。

同じアコム株式会社が発行していますので、実は先程少し出てきましたがハウスカードのようにACカード→ACマスターカードという流れでカードのアップグレードが可能になっているんですね。

 

つまり、ACマスターカード審査に通らない方は、まずは同じアコム株式会社が発行しているACカードを作成して、ACカードである程度の利用実績を作ってからACマスターカードにアップグレードするという事が可能なのです。

クレジットカード審査では、申込者の属性情報や信用情報はとても重要になりますが、申込者の利用実績も重要になりますので、同じアコム株式会社が発行しているACカードで毎月の利用実績を作る事はACマスターカード取得のための一歩になってくるんですね。

 

少し特殊な職業に就いている、または年収が少ない方はこのカードから!
ACマスターカードへのアップグレードも可能なACカード
シンプルデザインのACカード
ACカード
ACマスターカードへのアップグレードも可能なACカード
accard1

 

ACカードは貸金業法のみ対象になります

通常、クレジットカードを発行する場合には割賦販売法と貸金業法の2種類の法律が対象になってきますので、それぞれの法律に対応した審査が行われるため、審査内容や審査時間が2法律分掛かる事になります。

もっとも、クレジットカードには通常のショッピングでの利用が可能なショッピング枠と、提携ATMを利用しての現金引き出しが可能なキャッシング枠と、2通りの枠がありますのでそれぞれの審査に時間が掛かるのも仕方ありません。

それに比べ、キャッシング専用のACカードにはショッピング枠はなく貸金業法にのみ対応すればよいので、クレジットカードと比べ審査内容や審査時間も簡素化されているのが特徴となっています。つまり、このACカードはACマスターカードと比べると、取得しやすいカードと言えるんですね。

 

ACカードとACマスターカードの違いはこれだけ

ACカードがキャッシング専用のカードだという事は理解していただけたと思います。ただ、あなたはACマスターカードについて調べに来たのに、キャッシング専用のACカードには興味ないと思っているかも知れません。

ただ、ちょっと待ってください。確かにACカードはキャッシング専用のカードになりますが、ACマスターカードは商品や各種サービスを購入して代金は後払い=後払い専用のカードになりますよね?

そして、ACカードは提携ATMを利用して現金を借り入れる事が出来ます。現金を借り入れてお買い物や各種サービスを利用する事が可能になります。

 

つまり、ACカードとACマスターカードの違いは、商品や各種サービスを購入する際、ニコニコ現金払いで購入するのか?後払いで購入するのか?だけの違いになるんですね。だって、ACカードで現金を借り入れても、ACマスターカードで商品や各種サービスを購入しても、後日の支払日に利用代金を支払うのは一緒なのですから。

さらに、ACカードは少し特殊な職業に就いている方やクレジットヒストリーが無い方、年収が少ない方にも発行実績が多数ありますので、今後ACマスターカードの取得を目指すのであれば最適なカードと言えるんですね。

 

ACカードはキャッシング専用なので後々不利益があるのでは?

このACカードは、消費者金融のアコム株式会社が発行しているキャッシング専用のカードになります。そして、消費者金融のキャッシングを利用していると通常のクレジットカード審査や住宅ローン、オートローンなどの各種ローン審査にも少なからず影響が出る可能性があります。

ただ、それはあくまで毎月の利用回数が多く、さらに毎月の支払いに延滞している場合になりますので、毎月の利用が数万円の1回程度で延滞なく支払っているのであればそれほど問題になる事はありません。

それに、このアコム株式会社は日本の大手銀行三菱東京UFJ銀行系の消費者金融会社になりますので、他社と比べて利息が高い、執拗な取り立てがあるなどという事はありませんのでご安心ください。

 

少し特殊な職業に就いている、または年収が少ない方はこのカードから!
ACマスターカードへのアップグレードも可能なACカード
ACマスターカードへのアップグレードも可能なACカード
accard1

 

さらに、このACカードで利用実績を積んでいけば、アコムのカスタマーセンターへの連絡によってACマスターカードへのアップグレードも十分可能になります。(ネット口コミでの実績報告複数有り)

もちろん、キャッシング専用カードとしてそのままACカードを利用する事も可能(有効期限はありません)ですが、ACカードやACマスターカードでの利用分は債務になりますので、毎月きちんと管理する必要がある事はいうまでもありません。

 

スポンサーリンク





サブコンテンツ

このページの先頭へ