クレジットカードのキャッシング審査には注意が必要です

クレジットカードには2つの枠があります

クレジットカードのキャッシング審査

一般的にクレジットカードには、ショッピングや各種サービスでの利用が可能なショッピング枠と提携ATM利用による現金の引き出しが可能なキャッシング枠という、2つの枠が付いています。

そして、これらの枠はクレジットカード審査の際に、申込者の属性や信用情報などを考慮して利用限度額が決められており、今後のカード利用状況によってはこの限度額が増額されたり減額されたりする事になります。

ちなみに、キャッシング枠の利用限度額については、ショッピング枠の利用限度額に含まれるため、ショッピング枠>キャッシング枠という図式が成り立ちます。

 

ただ、クレジットカード審査の際にはカード全体枠の審査と共に、キャッシング枠を付与しても良いのか?というキャッシング審査も行われますが、このキャッシング審査ではいくつか注意する点があるため今回の記事で説明します。

 

スポンサーリンク


キャッシング枠は総量規制の影響を受けます

消費者金融のキャッシングは総量規制の対象となっており、年収の1/3を超える借入は出来ません。そして、クレジットカードのキャッシング枠もこの総量規制の対象となっているため、同じく年収の1/3を超える借入は出来ないのです。

という事は、総量規制の対象となっている消費者金融からの借入や他社クレジットカードのキャッシング、さらには信販系のカードローンなどの借入が現在年収の1/3を超えている、または超えそうという人はキャッシング審査に通りません。

もっとも、すでに他社借入が年収の1/3付近の人であれば、この借入のためかなり生活環境が圧迫されている事が用意に想像出来るため、クレジットカード会社としては例え総量規制が無かったとしてもキャッシング審査には通らない可能性が高いと思われます。

 

審査に不安な人はキャッシング枠0円で申し込んで下さい

クレジットカード審査に不安のある人は、まずはその不安を取り除く必要があるため、現在他社からの借入が多い場合にはキャッシング枠は0円=キャッシング枠無しで申し込む事をお勧めします。

クレジットカード審査では、カード全体の利用限度額でもあるショッピング枠の審査はもちろんですが、キャッシング枠の希望があれば総量規制に沿ってキャッシング審査も行われるため、現在他社借入が多い場合には審査に時間が掛かってしまいます。

その点において、最初からキャッシング枠0円で申し込んでおけば、基本的にキャッシング枠の審査が無いため、結果として審査結果が早く出る可能性があります。

 

審査に不安のある人は、審査申込後から『無事に審査に通るのだろうか?』『早く審査結果が欲しい』などと思ってしまいがちなので、このような不安な気持ちを早く消したい際には、1日でも審査結果が早く届くようにする必要があります。

特に、現在の他社借入総額が年収の1/3付近という人がキャッシング枠を申し込むと、かなり時間が掛かる可能性があるため、キャッシング枠は無しで申し込んだ方が良いです。

もっとも、これは酷な言い方になりますが、現在の他社借入総額が年収の1/3付近だと、クレジットカードのキャッシング枠はおろか消費者金融のキャッシング審査にも通らない可能性が高いため、そうであれば最初から枠無しで申し込んだ方が良いです。

 

また、審査結果が不合格だった場合には、次のカード審査へ向けての事前準備にも早く取り掛かる事が出来ますので、キャッシング審査に不安のある人は最初からキャッシング枠は0円での申し込みをお勧めします。

 

スポンサーリンク





サブコンテンツ

このページの先頭へ