クレジットカードのコンビニでの使い方はこちら

クレジットカードはコンビニでも使う事が可能です

クレジットカードのコンビニでの使い方

コンビニと言えば、私たちの身近に存在している、基本24時間営業の頼れるお店といった感じでしょうか。そんなコンビニですが、近年では各種お買い物にクレジットカードが使えるようになってきています。

もっとも、クレジットカードが使えるコンビニはセブンイレブンやローソンなど大手のコンビニに限定されていますが、それでもコンビニでカードが使えるようになるなんて、昔ではとても考えられなかったことになります。

 

ただ、コンビニでクレジットカードが使えるようになったのは、ここ数年の間になるため、カードをコンビニで使う場合にはどのようにしたら良いのか?が分からない方いるのも事実です。

そこで、今回の記事ではクレジットカードのコンビニでの使い方について説明します。これによって、あなたも今後カードをコンビニで気軽に使う事が可能になると思います。

 

スポンサーリンク


クレジットカードのコンビニでの使い方について

ここからは、クレジットカードのコンビニでの使い方について説明していきます。コンビニでカードが使える事は知っていたけど、その使い方が今一つ分からないという方は、是非参考にしていただければと思います。

まずは、クレジットカードをコンビニで使う場合ですが、これはとても簡単です。商品をレジに出したら店員へクレジットカード払いでお願いしますと声をかけてカードを提出するだけでOKです。その後は、コンビニの店員がカード決済の処理を行い、クレジットカードと利用明細書が戻ってきます。

ただ、最近ではコンビニによって利用者が専用端末にクレジットカードを差し込む、またはスキャンする事によってカード決済が完了となるケースも出てきていますので、カード決済について良く分からない場合にはコンビニの店員に利用方法の確認をお勧めします。

 

コンビニで使えるクレジットカードの種類はこちら

コンビニで使えるクレジットカードの種類ですが、これはVISA、Master、JCB、ダイナース、アメリカンエクスプレスなど、世界の5大ブランドであれば問題なく利用する事が可能となっています。

 

クレジットカードが使えるコンビニはこちら

現在クレジットカードが使えるコンビニは下記の通りとなっています。

 

●セブンイレブン
●ファミリーマート
●ローソン
●デイリーヤマザキ
●サークルK・サンクス
●ミニストップ
●ポプラ
●セーブオン
●セイコーマート
●スリーエフ

 

セブンイレブンやファミリーマート、ローソンなど、コンビニではお馴染みのお店で使う事が可能となっていますね。

 

コンビニ別サインの有無について

クレジットカードをコンビニで使う場合、その金額によってはサインが必要になるケースがあるため、下記一覧表にて説明します。

クレジットカードが使えるコンビニ サインが必要となる金額
セブンイレブン 利用金額が10,000円以上の場合にはサインが必要
ファミリーマート 利用金額が4,000円以上の場合にはサインが必要
ローソン 利用金額が4,000円以上の場合にはサインが必要
デイリーヤマザキ 利用金額が10,000円以上の場合にはサインが必要
サークルK・サンクス 利用金額が4,000円以上の場合にはサインが必要
ミニストップ 利用金額が10,000円以上の場合にはサインが必要
ポプラ 利用金額が10,000円以上の場合にはサインが必要
セーブオン 利用金額が10,000円以上の場合にはサインが必要
セイコーマート 利用金額が10,000円以上の場合にはサインが必要
スリーエフ 利用金額が10,000円以上の場合にはサインが必要

 

上記一覧表を見ていただければ分かりますが、大抵のコンビニでは利用金額が10,000円以上になるとレシートにサインが必要となるようですね。ただ、ファミリーマートやローソンでは4,000円以上と他のコンビニと比べその金額が低くなっているため注意が必要です。

 

コンビニではどの商品もクレジットカード払いが可能ですか?

コンビニには、お弁当や各種総菜、ビールやおつまみなど、色々な商品が置いてあり、また各種プリペイドカードや金券、チケットなどの商品も揃っています。そのため、コンビニでクレジットカードを使う方の中には、コンビニで取り扱っている商品は全てカードでの支払いが可能なのか?と思っている方がいるようです。

そこで、ここからは、コンビニでクレジットカード払いが可能な商品と、カード払いができない商品について説明します。

 

コンビニでクレジットカード払いが可能な商品はこちら

お弁当やお惣菜、お菓子やビール、おつまみや雑誌など、大抵の商品はクレジットカードでの支払いが可能となっています。また、タバコも購入数に制限はありますがカード払いが可能です。

また、各種テーマパークの入場券や映画券、高速のチケットやコンサートチケットなどの各種チケットもクレジットカード払いが可能となっています。

 

コンビニでクレジットカード払いが出来ない商品はこちら

コンビニでクレジットカード払いが出来ない商品としては、主に下記の商品があります。

 

●電気、ガス、水道などの公共料金
●払込用紙を使って支払い手続きを行うもの
●切手やハガキ、年賀状や収入印紙
●テレフォンカードやクオカードなどのプリペイドカード
●各種乗車券や回数券
●各種ギフトカードやビール券などの金券
●各地方自治体指定のごみ袋
●SuicaやICOCAなどの交通系、またEdyやnanacoなどの電子マネーへのチャージ(一部のクレジットカードではチャージが可能)
●ヤマト運輸や佐川運輸など宅配便の送料(一部コンビニでは宅配便送料のカード払いが可能)
●コピー・FAXの利用料金

 

いかがですか?コンビニでクレジットカードが使えるとは言っても、公共性のあるものや換金性の高い金券やプリペイドカード等の購入にはカードが使えない事が分かりますよね?

もっとも、最近ではコンビニでの金券大量購入による振込詐欺(あれは現金による金券の大量購入)が横行しており、カードによる換金性の高い商品の購入=カード現金化の恐れがあるため、換金性の高い商品にクレジットカード払いが使えない事は仕方ありません。

 

スポンサーリンク





サブコンテンツ

このページの先頭へ