クレジットカードの再発行審査に落ちることもある?

クレジットカードの再発行には審査がある

a0001_017439

うっかりクレジットカードを財布ごと落としてしまった、車中に置いておいたクレジットカードが盗まれてしまったなど、それほど数は多くないかと思いますが、クレジットカードの盗難や紛失はゼロでは無いですよね?

そして、こういった場合にはクレジットカード会社へカードの再発行を依頼する事になりますが、実はクレジットカードを再発行する時にはカード会社所定の再発行審査があります。

もっとも、クレジットカードは商品先渡しの代金後払いとなっていますので、一度審査に通っているからと言っても途上与信のような不定期にその信用状態を確認する必要があるため、再発行の際に審査が行われる事は仕方ないと言えます。

 

ただ、私たちクレジットカード利用者にとっては、審査と聞くと不安になるというか少し怖いというか、出来る事なら審査なしで再発行して欲しいところですが、これはクレジットカード会社で決められている事なので避けて通ることは出来ません。

そこで、今回の記事ではクレジットカードの再発行審査について説明しますが、場合によってはこの再発行審査に落ちる可能性があるため注意が必要です。

 

スポンサーリンク


クレジットカード再発行時の審査とは?

このクレジットカード再発行時の審査ですが、これは何もこちらの記事でも触れていますが、クレジットカード審査申込時のような属性情報や信用情報を細かくチェックするという訳ではありません。クレジットカード再発行審査では、該当するクレジットカードでの過去の延滞歴や未入金の有無がチェックされるのです。

過去の延滞記録や未入金などの調査が行われるだけなので、基本的にはクレジットカード会社内での簡単な審査のみとなっています。

 

基本的に延滞や未入金が無ければカードが発行される

つまり、クレジットカードの再発行審査では、盗難や紛失やに遭ってしまったクレジットカードで過去に延滞や未入金が無ければカードが再発行される可能性は極めて高くなります。

もっとも、クレジットカード会社としては今までの支払いで延滞や未入金がなく、毎月の利用代金をきちんと支払ってくれている顧客=優良な顧客になりますので、この優良な顧客を手放すことは今後自社にとっても利益の損失に繋がるため、優良な顧客に対してはクレジットカードが再発行されるのはごく当たり前と言えます。

 

カード再発行審査に落ちるケースはこちら

自社にとって優良な顧客ではない顧客=該当するクレジットカードで過去に延滞や未入金が複数あり、クレジットカード会社にこのままクレジットカードを持たせておくのは危険だと判断されてしまえば、クレジットカードの再発行審査に落ちる=カードが利用停止になる可能性が高くなります。

もっとも、これについては今後自社にとって不利益になる可能性が高い顧客とは、早い段階でその繋がりを切っておく必要があるため、過去に延滞や未入金が多い顧客に対してはカードの再発行を見送る事も仕方ありません。

そして、再発行停止になってしまうと自社ブラックに登録=今後そのクレジットカード審査に通る可能性が低くなりますので、そういった方はこちらの記事で紹介しているクレジットカードの作成をお勧めします。

 

該当するクレジットカードの残債や軽度の延滞はOKの場合あり

これは、実際に過去の事例であった話ですが、該当するクレジットカードの残債額が多かったり、過去に軽度な延滞が数回(2回程度)あった場合には、クレジットカードの再発行審査に通る=カードが再発行される可能性は高いです。(こういったケースで再発行の実績があります)

つまり、多少の延滞があったとしても、延滞以外では毎月しっかりと支払いを継続さえしていれば、例え残債額が多くてもそれは再発行審査では問題にならない可能性が高くなっています。

 

ただ、クレジットカード入会時の審査が厳し目な銀行系のクレジットカード会社では、該当のクレジットカード利用で過去に1~2回程度の延滞があると、クレジットカードの再発行が見送られる可能性もありますので、銀行系クレジットカードの場合は注意が必要です。

もっとも、ただでさえ審査基準が高い銀行系クレジットカードなので、再発行審査の際にも他の流通系や消費者金融系カードとは少し異なる審査基準で行っているようです。

そのため、銀行系クレジットカードの再発行審査の際には、過去に数回と言えども延滞や未入金がある場合には、審査に落ちる可能性があるという事は頭の中に入れておいて法が良いと思います。

 

スポンサーリンク





サブコンテンツ

このページの先頭へ