カード利用限度額の減額がもたらす影響はこれ

与信によってクレジットカード利用限度額の増減が行われます

クレジットカードの有効期限内には、とある条件のもと定期的に行われる法定途上与信と、各カード会社が独自・不定期に行っている途上与信という、2種類の与信があります。

利用限度額減額の影響はこちら

そして、これら与信では顧客の現在及び過去における自社及び他社での利用状況を調査して、必要であればクレジットカード利用限度額の増額や減額などの処理を行っています。

もっとも、利用限度額の増額になれば今までよりも多くの限度額にてカードの利用が可能になる=カードの利便性が向上する事になるため、顧客にとっては喜ばしい事だと思われます。

 

ただ、この与信によってある日突然カード利用限度額が減額されてしまうと、それまでの限度額で利用していた顧客にとっては、少なからずその利便性が失われるためあまり喜ばしい事とは言えませんよね。

さらに言えば、この利用限度額が減額されると、今まで当たり前だと思っていたカードの利用に少し変化が出てくる可能性がありますので、今回の記事で解説します。

 

スポンサーリンク


利用限度額が減額されるとこうなります

法定途上与信はいつ実施されるのか?があらかじめ分かっているため、これによって利用限度額が減額されたとしてもある程度心の準備が出来ていますので、ああ、やっぱり減額されたのか・・・と、それほど驚くことは無いと思われます。

ただ、カード会社が不定期に実施している途上与信では、いつ行われているのかが分からないため、ある日突然封書が届き減額された旨(あるいは減額された利用限度額が書かれている)を知らされる訳なので、それはもうビックリするとともに何故?という思いが駆け巡る事でしょう。

しかし、この時点では減額された金額はどうする事も出来ませんので、今後限度額を戻したいのであれば利用状況を改善して増額されるのを待つ、または改善後に自ら増額の申請を行うなどの対策を行う必要があります。

 

っと、少し利用限度額の減額について話が長くなってしまいましたので、ここからはクレジットカード利用限度額の減額がもたらす影響について解説していきます。

  クレジットカード利用限度額の減額による影響
クレジットカードの利用金額が制限されます これは当たり前ですが、カードの限度額が減額される=それまで利用可能だった限度額が引き下げられます。限度額が引き下げられるという事は、カードの利用が制限されますので、結果として今後は今までのようにカードを使う事が出来なくなります。

また、カードの利用限度額が減額される人は、今までも限度額一杯またはそれに近い金額を使っていた可能性があるため、仮に多重債務に陥っていた場合には今後のカード利用代金の支払いが厳しくなる可能性がありますので注意が必要です。

 

それと、クレジットカードには通常のショッピングで利用可能なショッピング枠があり、その枠の中にも利用枠(割賦枠)が付いている場合があります。

そして、この割賦枠ですが一括払い以外の支払方法(分割払いやボーナス払い、リボルビング払いなど)での利用が可能となっており、この割賦枠の限度額はショッピング枠の限度額に含まれています。

 

ただ、この割賦枠ですが、これは割賦販売法の制限を受けるため、支払可能見込額調査の結果によってはその限度額が減額される可能性があるのです。

もっとも、基本的にこの支払可能見込額の調査はクレジットカードの新規発行審査や更新審査、さらには限度額の増額審査の際に行われる事が多くなっているため、途上与信とはあまり関係ないと思っているかも知れません。

しかし、クレジットカード会社の中には先程挙げた各種審査以外にも行っているケースがあるため注意が必要です。(実例あり)

 

ちなみに、今まで割賦枠の限度額が50万円だったものが30万円に減額された際にすでに枠一杯の50万円を使っていた場合には、枠を超えている20万円の一括請求があると思っている人がいるようですが、安心して下さい。

これについては、今まで利用していた割賦枠50万円の利用が出来なくなるだけで、大抵のカード会社ではその支払いを今まで通り行う事が可能となっています。ですが、今までの支払いを何度か延滞していた場合には、一括請求が行われる可能性がありますので注意が必要です。

カードの有効期限は更新されるのか?

利用限度額の減額という、あまり喜ばしくない手続きが行われると、中にはその後有効期限が来ても更新済みカードが届かないのでは?と思っている人がいるかも知れませんね。それに、この記事を書いている張本人がそう思っていましたので、少なからずそう思っている人はいるのでしょう。

もっとも、与信によって自社データベースや個人信用情報機関の信用情報を調査した上で限度額が減額された訳なので、更新審査でも自分にとって不利な状況になるのでは?と思う事も仕方がありません。

 

ただ、私の過去の経験から言えば、減額されたカードの有効期限1か月前に更新済みのクレジットカードが届きました。もちろん、これはカード会社全てを調査した訳ではないので、会社によっては違うところがあるかも知れません。

しかし、途上与信後に自分の属性や信用情報に何かしらの問題が発生した場合には、更新済みカードが届かない可能性がありますので、減額されたとしても毎月の返済を延滞する事無くきちんと行って下さい。

 

いかがでしたか?クレジットカード利用限度額の減額はある人突然行われるため驚いてしまうかも知れませんが、起こってしまった事実を変えることは出来ませんので、その後は毎月の返済を延滞なくきちんと行う必要があります。

この毎月の返済をきちんと行っていないと、更新済のカードが届かないばかりか、こちらの記事でも説明していますが、今後のクレジットカード審査に通らない可能性がありますので注意が必要です。

 

もっとも、クレジットカード利用限度額の減額に遭わないための唯一の方法は、カードの利用は無理せず計画的に行う事になりますので、毎月の利用には注意しながら快適に利用して下さい。

そして、毎月きちんと支払いを行っていれば、信用情報にも良好なクレヒスが積み重なって行くため、今後の審査では有利になりますので、毎月の支払いは重要です。

 

スポンサーリンク





サブコンテンツ

このページの先頭へ