クレジットカードの本人確認はどうやるの?

審査では本人確認があります

クレジットカードの本人確認について

クレジットカードを作る場合には、申込者が実在する本人かどうかを確認するために審査の際に本人確認を行います。もっとも、カードの本人確認を行わなければ第三者によってクレジットカードが悪用される可能性があるため、この本人確認はとても重要になっています。

ただ、一言で本人確認とはいっても、そのやり方についてはいくつかの方法があり、それぞれに特徴があります。また、クレジットカード会社によっては数回本人確認を行う場合もあるのです。

そこで、今回の記事ではクレジットカード審査の本人確認について説明します。カード審査では、この本人確認が出来て初めて審査がスムーズに進む事になりますので、まずは本人確認をきちんと済ませる事から始めましょう。

 

スポンサーリンク


クレジットカードの本人確認について

ここからは、クレジットカードの本人確認について、いくつかの方法で説明していきます。先程も出ましたが、審査ではこの本人確認が出来ないと審査がスムーズに進まないため、この本人確認の作業は重要になってきます。

 

クレジットカードの本人確認書類で運転免許証を使う

クレジットカードで最初に本人確認を行うところは、審査申込の際に申込書と一緒に本人確認書類を提出して、申込者が実在している本人だという事を証明するために行います。そして、この際にはこちらの記事でも説明していますが自動車運転免許証や健康保険証などの身分証明書類の提出が可能です。

そして、これらの中では運転免許証が一番信用力が高く、また大抵の方が免許証を持っているため、本人確認書類の中では運転免許証を利用する方が一番多いのが現状です。

 

また、この運転免許証には固有の番号があり、個人信用情報機関の信用情報に運転免許証番号が登録されている方はこの免許証番号によって本人確認が出来るため、今後の審査がスムーズに進む可能性が高くなるのです。

その結果、クレジットカード審査の後半で行われる勤務先への在籍確認の電話が掛かって来ない可能性もあるため、在籍確認の連絡は困るという方はクレジットカードの本人確認ではこの運転免許証の提出をお勧めします。

 

クレジットカードの本人確認書類で保険証を使う

クレジットカードの本人確認で運転免許証の次に提出されている本人確認書類がこの健康保険証になります。もっとも、健康保険証は日本国民のほとんどの方が所有しており、氏名や住所、生年月日などクレジットカード審査で必要な個人情報も記載されているため、その利用者が多いのでしょう。

ただ、クレジットカードの本人確認書類で健康保険証を使う場合には注意すべき点があります。それは、健康保険証には取得年月日という記載があり、この取得年月日から現在までの年数と勤続年数が合わない=勤続年数の虚偽申告になる可能性があるためです。

この健康保険証は、基本的に新しい会社へ勤務、または無職(この場合は国民健康保険)になった際に発行される事になっており、発行された年月日=取得年月日になっています。そのため、普通は健康保険証の取得からの年数と勤続年数が一致しますので、審査の際に健康保険証を使う場合には注意が必要があります。

 

クレジットカードの本人確認で住民票を使う

クレジットカードの本人確認書類では住民票を使う事が可能です。ただ、この住民票を取得するためには、基本的に市区町村役場まで出向く必要があるため、先程の運転免許証や健康保険証などの書類と比べ利用者が少ないのが現状となっています。また、この住民票を提出する際には発行日から6ヶ月以内のものに限るため注意が必要です。

 

本人確認で住所が違うとどうなりますか?

クレジットカード審査では、申込者の本人確認を行った上で審査通過=クレジットカード発行という流れになりますが、これには審査申込書の住所と本人確認書類の住所が一致している必要があります。

もっとも、通常であれば審査の際には申込書記載の住所と本人確認書類の住所を確認して提出しますが、稀にこの両者の住所が異なったまま審査へ申し込む方がいるのです。

そしてこの場合、クレジットカード会社によっては申込書の住所と本人確認書類の住所が異なっているため、どちらの住所が正しいのか?の確認をするために電話連絡をしてくる事があるので、この時に正しい住所を伝えて必要であれば別の本人確認書類を提出する事で審査が進む事になります。

 

ただ、クレジットカード会社によっては、この連絡をすることなく問答無用で審査終了=即審査落ちする事になるため注意が必要です。

ですので、現在の住所と本人確認書類の住所が異なっている方は、まずが審査に通った際のクレジットカードを受け取る事が出来る住所へ住民票を移してから本人確認書類の住所を変更して下さい。(本人確認書類が住民票であればそのまま住民票を提出)

そして、住所変更が完了してから審査へに申込を行えば、住所の相違が無くなりますので審査がスムーズに進む事になります。

 

本人確認で折り返しの電話をしなかったらどうなりますか?

クレジットカード審査では、先程の住所の違いやその他不明な点があると、申込者本人の連絡先へ本人確認のために電話をしてくる事があります。そのため、この電話には必ず出るようにして下さい。

本人確認で折り返しの電話をしない

というのも、この本人確認の電話に出るか?出ないか?によって、この申込者が今後支払いの延滞やその他緊急のお知らせをした時にも連絡がつかない可能性があるため、審査に通らない可能性が出てくるのです。

 

もっとも、カード会社としては万が一の時に顧客と連絡がつかないと業務に支障が出る事になるため、この本人確認の連絡はとても重要になっているのです。

また、この本人確認の電話に出られなかった場合には、すぐに折り返しでの電話を掛けて下さい。この折り返しの電話を掛ける事によってその後の審査がスムーズに進む事になりますから。しかし、この折り返しの電話を掛けないと、先程も説明しましたが万が一の時に連絡が付かないと判断されるため審査に落ちる事になります。

 

クレジットカードの本人確認が非通知だったのですが… 

クレジットカードの本人確認の連絡ですが、通常は0120や050などの番号から始まる=番号を通知しての連絡になっています。ただ、クレジットカード会社によっては番号を通知しない=非通知で掛けてくるところがあるのです。

ですので、クレジットカード審査への申し込みを行った場合には、その後審査結果が出るまでは非通知の電話にも必ず出るようにして下さい。この本人確認の電話に出れないと審査に通らない可能性が非常に高くなるため注意が必要です。

 

本人確認ができないとどうなりますか?

ここまで当記事で説明してきましたが、クレジットカード審査では申込者の本人確認ができない場合には、そこで審査終了=審査に落ちる事になりますので、申し込みの際に提出する本人確認書類はもちろんですが、申し込み後の本人確認の電話にも必ず出るようにして、出れなかった時の折り返しの電話も忘れずに行うようにして下さい。

 

スポンサーリンク





サブコンテンツ

このページの先頭へ