クレジットカード解約後の引き落としはこうなります

クレジットカードの解約には注意が必要です

クレジットカード解約後の引き落とし

クレジットカードを解約する場合、利用代金の支払いが残っていない=残金ゼロであれば、その後の支払いの心配をすることなく解約する事が出来ます。ただ、解約予定のカードに一括払いや分割払いの利用代金が残っている=残金がある場合には事情が変わってきます。

というのも、解約予定のカードに残高が残っていると、基本的には後日指定の口座から引き落としされる事になりますが、実はカード会社によっては引き落とし以外の方法によって支払わなければならない可能性があるからです。

とくに、解約後の残金の支払いは基本的に一括払いになるため、残金が多ければ多いほどその支払いが大変になってきますので、カードを解約する際にはその後の事も十分考える必要があるのです。

 

スポンサーリンク


クレジットカード解約後の引き落としについて

ここからは、クレジットカードを解約した際の引き落としについて説明していきます。解約時に利用代金が残っていれば当然ながらその支払い義務が生じる事になりますが、その支払い方法には引き落としを含めて複数の方法があるのです。

 

クレジットカードの解約で残金があると・・・

クレジットカードを解約する際に利用残高=残金があれば、基本的にはこの残金を1括で支払う必要があります。そのため、この残金がすぐに支払える金額であれば問題はありませんが、すぐに支払えない金額=多額の残金があるとその支払いに困ってしまう可能性が高くなってしまいます。

ですので、解約時に残金がある場合には、その後一括で支払えるのか?支払う事が出来ないのか?について良く考える必要があり、一括で支払えないのであれば少し解約を待つ必要があります。

ちなみに、クレジットカード会社によっては、この残金の支払いを分割払いで支払う事が可能になるケースがありますので、クレジットカードは解約したいが残金一括払いが出来そうもないという場合には、一度カード会社へ問い合わせする事をお勧めします。

 

クレジットカード解約後の支払いはこうなります

クレジットカードの解約時に残金がある場合、その支払いにはいくつかの方法があります。もっとも、クレジットカード会社によって考え方に違いがありますので、支払い方法が異なっていてもそれは当たり前と言えます。

そして、カード解約後の支払方法ですが、後日該当するカードの引き落とし日に引き落とし処理が行われる、引き落とし日より前に引き落とし処理が行われる、指定の期日までに振込による支払いを行うように要求されるなど、いくつかの方法があります。

そのため、解約予定のクレジットカードの残金を支払う方法を知るためには、カード裏面に記載されているクレジットカード会社への問い合わせ番号へ連絡をして、残金の支払いはいつまでに行えば良いのか?について確認する事をお勧めします。

 

クレジットカードの解約前に、この残金の支払い方法や支払期限を知る事が出来れば、解約したものの残金の支払いが間に合わず個人信用情報の信用情報に延滞記録が登録されてしまったという事態を防ぐことが可能になります

 

クレジットカードの解約における自動引き落としについて

クレジットカードを利用している方の中には、そのカードを各種公共料金の支払いや携帯電話利用代金の支払いなどの使っている事があります。というか、こういった各種利用料金の支払いをカードで行えばポイントが付くケースが多いため、利用している方が多いと思われます。

クレジットカードの解約における自動引き落とし

ただ、こうした各種料金の支払いを行っているクレジットカードを解約した場合には、このカードに紐づけられた引き落とし設定は変更される事はありません。

つまり、今まで各種利用料金の支払いを行っていたカードを解約した場合には、支払いの変更手続きを行わない限り解約したカードのまま=利用料金の支払いが出来ない事態となってしまうのです。

 

そして、この支払い不能の状態が続くと、その支払いを催促する督促状が届くことになります。特に、携帯電話本体の代金をカード払いにしていた場合には、支払い不能=延滞となってしまうため、この延滞情報が信用情報に登録され今後のクレジットカード審査に少なからず悪影響を及ぼす可能性があるのです。

そのため、クレジットカードを解約した際には、そのカードで支払っていた各種利用料金の引き落とし設定を別のカードまたは銀行引き落としに変更する必要があります。

 

クレジットカード強制解約後の支払いはこうなります

クレジットカードの解約は、自分の意志で行う場合とクレジットカード会社の意思で行われる(強制解約)場合とに分ける事が可能です。そして、自分の意志で行う解約であれば残金の支払いについてはカード会社へ連絡する事によって分割払いへの変更が可能なケースがあります。

ただ、クレジットカードでの重大な延滞行為や会員規約違反による利用停止→強制解約後に残金が残っていた場合には、条件次第になりますがその残金の支払いは直ちに行う必要があるのです。ちなみに、三井住友VISAカードの会員規約には下記のような記載があります。

 

本会員は、次のいずれかの事由に該当した場合、本規約に基づく一切の債務について当然に期限の利益を失い、直ちに債務の全額を支払うものとします
リボルビング払い、分割払い、2回払いまたはボーナス一括払いの債務の履行を遅滞し、当社から20日以上の相当な期間を定めて書面で支払いの催告をされたにもかかわらず、その期間内に支払わなかったとき

 

これによると、リボ払いや分割払い、ボーナス払いの支払いを延滞して、その後20日間以内に未納金額の支払いを行わないと一括支払いになります。逆に言えば、20日以内に未納金額を支払う事によっては、強制解約後でも毎月の分割支払いを継続する事が可能になります。

いずれにせよ、この強制解約後の支払についてもカード会社によって微妙に対応が異なっていますので、詳細は各カード会社へお問い合わせ下さい。

 

クレジットカードの解約を確認する方法はこれ

自分ではクレジットカードの解約を行ったにも関わらず、実際にはカードの解約が行われたのかが分からないと不安ですよね?そんな時には、実際に解約されているのかを下記の方法によって確認する事が可能です。

■カード裏面に記載されたサポートダイヤルに電話をする

クレジットカードの裏面には、万が一の時のためにカード会社のサポートダイヤルの電話番号が記載されていますので、この番号に電話をして実際にカードの解約が完了しているのか?の確認を行う事が可能となっています。そして、これがクレジットカードの解約を確認する上では一番早い方法になります。

 

■信用情報の開示請求を行う

個人信用情報機関の信用情報には、クレジットカードの解約情報も登録されますので、信用情報の開示請求を行う事によって解約が完了しているのか?の確認が可能となっています。

 

スポンサーリンク





サブコンテンツ

このページの先頭へ