クレジットカード有効期限の更新と公共料金の支払いはこうなります

クレジットカードには有効期限があります

公共料金の支払い

私たちが日頃から使っているクレジットカードには、最初から使用期限を区切った有効期限が設定されており、この有効期限はおよそ3~5年程度となっています。

そして、この有効期限が迫ってくるとクレジットカード会社では顧客に対して更新審査を行い、更新審査でOKが出ると顧客に対して有効期限が更新されたカードが送られます。

 

ただ、中には電気・ガス・水道などの各種公共料金の支払いにカードを使っている人がおり、カードが更新されると公共料金の支払い手続きを再度行わなければならないのか?と思っている人がいるようです。

もっとも、有効期限が更新される=期限が延長される事になるため、クレジットカードを各種支払いに使っている場合にはカードの有効期限の再登録が必要になるケースがあるため公共料金の支払も再度申請し直す必要があると思う事は不思議ではありません。

そこで、今回の記事では、クレジットカードの有効期限が更新されると再度公共料金の支払いの申請(手続き)を行う必要があるのか?について説明します。

 

スポンサーリンク


基本的に有効期限の更新と公共料金の支払いは関係ありません

確かにクレジットカードには有効期限がありますが、そのカードを公共料金の支払いに使っていた場合には、基本的にカード会社から各契約会社へクレジットカードの情報が提供される洗替というサービスによって行われるため、あなたが契約会社へ連絡する必要はありません。

 

Q.有効期限が更新されたクレジットカードが届きました。公共料金・電話会社・プロバイダなどのクレジットカード払いを再度手続きする必要はありますか。

 

A.お客さまによるお手続きは必要ありません。※一部を除く

支払いに利用されているクレジットカードの有効期限が更新された場合は、自動的にご利用先へ引き継ぎが行われます。
※引き継ぎが行われていない場合は、お手数ですがお客さまよりご利用先にお問い合わせください。

イオンカード公式

 

このように、クレジットカード情報が更新された場合には、各カード会社より契約会社へ連絡が行くため、基本的には特に新しい手続きは不要となっています。

 

洗替が行われないクレジットカードもあります

先程はクレジットカード情報が更新されると、カード会社から公共料金の契約会社へ連絡がいくため、基本的には特に手続きをする必要はありませんと説明しました。ただ、クレジットカード会社によっては、あなた自身で契約会社へカード有効期限の更新手続きを行う必要があります。

 

Q.有効期限が更新されたカードが届きましたが、公共料金などの継続利用の手続きは別途必要ですか?

A.カードが更新されると『有効期限』が変更となります。
公共料金・通話料・インターネット等の継続的なお支払いにカードをご利用いただいている場合、お客様ご自身で各サービス登録会社へカードの有効期限変更のお手続きを行ってください。

なお、変更方法につきましては、お手数ですが、各サービス登録会社へお問合わせをお願いいたします。

【ご注意】
※ご利用先によっては自動的に新しいカード情報へ変更させていただく場合もございます。
自動で更新されるお支払い先

※有効期限の変更手続きがされないと、ご利用先のサービスが継続されない場合がございますので、ご注意ください。

楽天カード公式

 

上記は楽天カード株式会社のサイトより引用したものですが、カード会社によってはこのように自分でクレジットカードの有効期限の更新手続きを行う必要がありますので、詳細は各カード会社へお問い合わせた方が良いです。

 

カード有効期限の更新手続きは各契約会社で確認して下さい

クレジットカード会社から自動的に洗替が行われない場合には、あなた自身で各種公共料金の契約会社へカード有効期限の更新手続きを行う必要がありますが、この手続きについてはネット上から行える会社や必要な書類を取り寄せて返送する会社など、契約会社によって異なっています。

そのため、この更新手続きについての詳細は各公共料金の契約会社へお問い合わせの上行っていただければと思います。

 

スポンサーリンク





サブコンテンツ

このページの先頭へ