リボルビング払いの詳細はこちら

カードにもリボルビング払いがあります

クレジットカードには、一括払いや分割払い、ボーナス払いなどの他にリボルビング払いという支払い方法があります。そして、このリボルビング払いを使えば、毎月のリボルビング残高が30万円や50万円だったとしても毎月の支払金額が一定になるのです。

リボルビング払いの詳細

毎月の支払額が一定になるという事は、今後の支払い計画が立てやすいため、計画的なクレジットカードの利用が可能になりますよね?計画的な利用が出来れば、クレジットカードを使う事によって起こる可能性がある債務超過にもなりにくく、私たち利用者にとってはとてもありがたい支払い方法のような気がします。

近年では、こちらのようにリボルビング払い専用のクレジットカードも何種類か出てきていますので、その需要も広がっているように思われます。

 

ただ、このリボルビング払い、実はその支払い方法の特殊さからきちんと利用残高を管理しながら使わないと、あっという間にリボルビング払いの利用限度額が一杯になってしまう可能性があるのです。

利用限度額が一杯になるという事は、その分の支払い利息もかなりの額になる事が予想されるため、中々元金が減らないという悪循環に陥る可能性もあるため、リボルビング払いを使う際にはかなり注意する必要があります。そこで、今回の記事では、このリボルビング払いの詳細(仕組み)について説明します。

 

スポンサーリンク


クレジットカードリボルビング払いの仕組み

ここからは、クレジットカードに限らず各種金融商品での利用が可能なリボルビング払いの詳細について説明していきます。一見便利な支払い方法のリボルビング払いですが、ひとたび使い方を間違ってしまうと大変な事になってしまいますので注意が必要です。

そこで、このリボルビング払いですが、その支払い方式によって定額方式と残高スライド方式に、さらに定額方式や残高スライド方式の中にもいくつかの種類がありますので、これらの方式について説明していきます。

 

定額方式について

この定額方式ですが、4つの種類に分ける事が可能ですが、その前に金融業界の専門用語がありますので、そちらから説明しますね。

元利 この元利ですが、毎月の返済額に利息分を含んでいるという意味になっています。例えば、毎月の返済額が1万円の場合、1万円-利息=元金というように、返済額は1万円と一定ですがその中に利息も含まれているという事になります。そして、1万円から利息を引いた金額が元金の返済に充てられる事になります。
元金 元この金ですが、毎月の返済額が元金+利息というように、元金とそれにプラスして利息も支払うという意味になっています。例えば、毎月の返済額が1万円の場合、1万円+利息=返済額になり、この1万円は元金の返済に充てられる事になります。
定額 この定額ですが、毎月の返済額を金額で指定するという意味になっています。例えば、毎月の返済額が1万円と指定されているような場合にの事を言います。
定率 この定率ですが、毎月のリボルビング支払後残高に決められた利率を掛けて指定するという意味になっています。例えば、毎月のリボルビング支払後残高に10%や20%の利率を掛けた金額を返済額に指定する事になります。
 

リボルビング払いでは、これら元利、元金、定額、定率という4つの単語を組み合わせた4つの支払い方式がありますので、下記一覧表で返済例について説明します。

借入金額:50万円
金利:18%

元利定額リボルビング方式

元利なので利息を含んでおり、定額なので毎月の返済額を指定する返済方法になります。そこで、今回の例では毎月の返済額を5万円として計算してみます。(利息部分は小数点以下切り捨て)

1回目の支払い
500,000円×18%÷365日×30日=7,397円(利息)
50,000円(毎月の支払額)-7,397円=42,603円=元金に充当されます
500,000円-42,603円=457,397円(1回目の支払後残高)

2回目の支払い
457,397円×18%÷365日×30日=6,766円(利息)
50,000円(毎月の支払額)-6,766円=43,234円=元金に充当されます
457,397円-43,234円=414,163円(2回目の支払後残高)

この元利定額リボルビング方式では、毎月の返済額に利息を含んでいるため元金定額リボルビング方式より毎月の返済額は少なくなりますが、その分返済期間が長くなる=支払い利息が増えてしまう事が特徴になります。 

元金定額リボルビング方式

元金なので利息を含んでおらず、定額なので毎月の返済額を指定する返済方法になります。そこで、今回の例では毎月の返済額を5万円として計算してみます。(利息部分は小数点以下切り捨て)

1回目の支払い
500,000円×18%÷365日×30日=7,397円(利息)
57,397円(毎月の支払額)-7,397円=50,000円=元金に充当されます
500,000円-50,000円=450,000円(1回目の支払後残高)

2回目の支払い
450,000円×18%÷365日×30日=6,657円(利息)
56,657円(毎月の支払額)-6,657円=50,000円=元金に充当されます
450,000円-50,000円=400,000円(2回目の支払後残高)

この元金定額リボルビング方式では、毎月の返済額が元金+利息になるため元利定額リボルビング方式より毎月の返済額が多くなりますが、その分返済期間が短くなる=支払利息が少なくなるという特徴があります。

元利定率リボルビング方式

元利なので利息を含んでおり、定率なので毎月のリボルビング支払後残高に利率を掛ける返済方法になります。そこで、今回の例では初回支払額を5万円、利率を10%として計算してみましょう。

1回目の支払い
500,000円×18%÷365日×30日=7,397円(利息)
50,000円(毎月の支払額)-7,397円=42,603円=元金に充当されます
500,000円-42,603円=457,397円(1回目の支払後残高)

2回目の支払い
457,397円×18%÷365日×30日=6,766円(利息)
457,397円×10%=45,739円(毎月の支払額)-6,766円=38,973円=元金に充当されます
457,397円-38,973円=418,424円(2回目の支払後残高)

この元利定率リボルビング方式では、毎月の返済額に利息を含んでいますので元金定率リボルビング方式より毎月の返済額は少なくなりますが、その分返済期間が長くなる=支払利息が増えてしまう事が特徴になります。

元金定率リボルビング方式

元金なので利息を含んでおらず、定率なので毎月のリボルビング支払後残高に利率を掛ける返済方法になります。そこで、今回の例では初回支払額を5万円、利率を10%として計算してみましょう。

1回目の支払い
500,000円×18%÷365日×30日=7,397円(利息)
57,397円(毎月の支払額)-7,397円=50,000円=元金に充当されます
500,000円-50,000円=450,000円(1回目の支払後残高)

2回目の支払い
450,000円×18%÷365日×30日=6,657円(利息)
450,000円×10%=45,000円+6,657円(毎月の支払額)-6,657円=45,000円=元金に充当されます
450,000円-45,000円=405,000円(2回目の支払後残高)

この元金定率リボルビング方式では、毎月の返済額が元金+利息になりますので元利定率リボルビング方式より毎月の返済額は多くなりますが、その分返済期間が短くなる=支払利息が少なくなるという特徴があります。

 

残高スライド方式について

リボルビング払いには、定額方式に加えて残高スライド方式と言って、リボルビング支払後残高に応じて毎月の支払額が減少または増加する支払い方法があります。下記の表ではリボルビング支払後残高に応じて毎月の支払額が増減している事が分かりますよね?

libozandaka

 

 

 

 

 

※出典 ジャックス

 

そして、この残高スライド方式ですが、基本は先程の定額方式に残高スライドを組み合わせた支払い方式となっており、残高スライド元利定額リボルビング方式(利息が増える)や残高スライド元金定額リボルビング方式(利息を抑える事が可能)などとなっています。

近年では、クレジットカードのリボルビング払いでもこの残高スライド方式を採用しているクレジットカードが増えてきているため、リボルビング払いを利用する際には現在持っているクレジットカードがどの支払い方式を採用しているのか?を確認する必要があります。

なお、この残高スライドリボルビング方式は各金融会社でその呼び方が微妙に異なっていますので、詳細は各金融会社でご確認下さい。

 

元利より元金の方が利息は少なくなります

ここまでリボルビング払いの定額方式について説明してきました。そして、これら一覧表を確認すると分かりますが、元利方式よりも元金方式の方が支払利息が少なくなるのです。

■元利方式毎月の返済額は少なくなる=返済期間が長くなる→元金方式よりも利息が増えます。
■元金方式毎月の返済額が多くなる=返済期間が短くなる→元利方式よりも利息を少なくする事が可能です。

また、各金融機関によって微妙に返済方法が異なっている場合がありますので、詳細は各金融機関で確認して自分の利用・返済スタイルに合ったキャッシングを見つけていただければと思います。

 

スポンサーリンク





サブコンテンツ

このページの先頭へ