クレジットカードが利用停止になる条件はこれ

クレジットカードはある日突然利用停止になります

クレジットカードが利用停止になる条件

近年のクレジットカード社会においては、何かと便利なクレジットカードですが、実はある日突然カードが利用停止になる事があります。日頃から使い慣れたクレジットカードが突然利用停止になってしまったら、私たちカード利用者はとても困ってしまうかも知れません。

ただ、クレジットカードが利用停止になるには、それまでに何かしらの理由(原因)がありますので、まずはその理由を突き止めて解決してカード会社から利用停止を解除してもらう必要があります。

特に、メインで利用していたクレジットカードであれば、なおさら早く利用停止を解除してもらいたいですよね?そこで、今回の記事ではカードが利用停止になる条件について説明します。

 

スポンサーリンク


クレジットカードが利用停止になる理由はこれ

ここからは、クレジットカードが利用停止になる理由について説明します。この利用停止になる理由を知っていれば、今後カードの利用停止を回避する事が可能になるため、是非頭の中に入れておいていただければと思います。

 

単純に利用限度額を超えてしまった

クレジットカードには、基本的にショッピング枠とキャッシング枠からなる利用限度額が設定されており、少ない方だと5~10万円、多い方だと100万円以上になっています。そして、この利用限度額間近の時に新たにカードを使用すると、その金額によっては限度額を超えてしまう=利用停止になってしまいます。

そのため、常日頃からクレジットカードの利用限度額と利用残高を把握しておく必要があります。

 

延滞による利用停止

クレジットカードの利用代金は、延滞する事無く支払うこと、これはカード会員の義務となっています。ただ、中にはとある事情によって数日間延滞してしまう方もいます。

もっとも、少しの延滞であればクレジットカード会社も即カードの利用停止を行う可能性は低いため、すぐに返済すれば事なきを得る可能性が高いです。ただ、少しの延滞でもすぐに利用停止になるカードもありますので、カードの利用代金の支払いは延滞する事無く支払うようにして下さい。

 

そして、少しの延滞どころか長期の延滞をしてしまうと、さすがのカード会社も顧客に督促状を送付するとともに、高い確率でクレジットカードの利用停止の処置を行う可能性が高いため注意が必要です。

ちなみに、長期間=どの程度の期間になるのか?については、各クレジットカード会社によって異なっているため正確な期間を知る事は難しいのですが、おおよそ2ヶ月程度で利用停止になるところが多いようです。

 

有効期限が切れていた

クレジットカードには有効期限がありますが、この有効期限が切れると当然ですがカードが使えない=利用停止になってしまいます。特に、有効期限間近になるとカード会社から更新済みカードが送付されてきますが、更新済みカードとの切り替えを忘れていたという事は良くある話です。

そのため、有効期限が更新されたカードが届いたら、それまで使用していたカードは廃棄して新しいカードを使うようにして下さい。

 

カード不正検知システムが作動した

このカード不正検知システムとは、人工知能(AI)によるクレジットカードのモニタリングを行っているシステムの事を言います。つまり、このカード不正検知システムでは、私たちのカード利用状況を24時間365日監視して、何か不正に利用された形跡がないか?チェックを行っているのです。

そして、カードの不正利用が発覚するとクレジットカードが利用停止となってしまいます。そこで、どういったケースが不正利用にあたるのか?についてですが、

 

■海外で利用したケース
■高額商品を購入したケース
■同じお店で短時間に何度もカード利用があったケース
■過去の不正利用のパターンと類似したケース

 

主にこういったケースに該当した場合に、カード不正検知システムが作動してカードが利用停止になってしまいます。高額商品の購入や同じお店での複数商品の大量購入などは怪しいと思われても仕方ありませんね。

 

カード不正検知システムの作動

また、海外で利用したケースについては、普段国内のみでクレジットカードを利用していた方が、ある日突然海外でカードを利用したとなれば、普段の行動パターンから外れている=不正利用の可能性があると判断されてもおかしくはありません。

そのため、海外旅行または海外出張でクレジットカードの利用予定がある方は、あらかじめカード会社へその旨を伝えておいた方が良いかも知れません。

ちなみに、カード不正検知システムによりカードが利用停止になったとしても、カード会社へ連絡をしてその旨を伝える、または逆にカード会社から連絡が来てその旨を伝えるなどの対処を行う事ですぐに利用停止が解除されますので、こういったケースでは焦らずしっかりとした対応を心掛けて下さい。

 

カードの磁気が壊れた

基本的に、クレジットカードには磁気がついており、この時期の中にはクレジットカード番号や有効期限など、カードを利用するために必要な情報が登録されています。ただ、この磁気が壊れてしまうとカードが使えなくなる=利用停止になってしまうため注意が必要です。

そして、カードの磁気が壊れた場合には、すぐにカード会社へ連絡をしてカード再発行の手続きを行って下さい。

 

会員規約違反

クレジットカードを作ると、カード会社からカードと共に会員規約が書かれた用紙が送られてくると思います。もっとも、この会員規約を熟読されている方は少ないと思われますが、実はこの会員規約にはかなり重要な事が書かれているのです。

そして、会員規約で重要なこと、それは規約に違反するとカードの利用停止=強制解約になるという事が書かれているのです。利用停止どころか強制解約になってしまったらもうそのカードの利用は不可能になってしまいますので、強制解約だけは防ぐ必要があります。

 

そこで、カードが強制解約になる恐れのある行為としては

 

■クレジットカードの現金化
■本人以外の第三者による利用

 

となっており、これらの行為が発覚した場合には、カードの利用停止=強制解約になる可能性が非常に高くなってしまうため注意が必要です。特に、こちらの記事でも説明していますが、クレジットカードの現金化は会員規約違反の代表みたいな感じなので、絶対に行わないようにして下さい。

 

クレジットカード利用停止の確認方法はある?

クレジットカード利用停止の確認方法ですが、通常は利用停止になる=利用停止を確認する事になるため、特別な方法はありません。あるとすれば、クレジットカードの利用残高照会を行い、利用残高が0円だった場合に限り利用停止の確認を行う事が可能です。

 

クレジットカードの利用停止はいつからですか?

クレジットカードの利用停止はいつから

基本的に、クレジットカードの利用停止は支払いの延滞、有効期限切れ以外は突然停止になりますので、ここでは支払い延滞による利用停止について説明します。

そして、支払い延滞による利用停止がいつからになるのか?についてですが、これは各クレジットカード会社によって異なっており、引き落とし日の○時までに引き落としが出来なかったら即利用停止になったり、引き落とし日の2営業日後に引き落としになったりと、色々なケースがあります。

さらに言えば、カード会社によっては引き落とし日に引き落としが出来なかった場合に、後日再引き落としを掛けるケースと掛けないケースなどに分かれるため、一概にいつから利用停止になるのか?について明確な答えはありません。ただ、大抵のカード会社については、

 

■再引き落としを掛けるケース
再引き落としを掛けても引き落とし不可の場合には即利用停止
再引き落としは掛けるがそれとは関係なく引き落とし日から2営業日をめどに利用停止

■再引き落としを掛けないケース
引き落とし日から2営業日程度で利用停止

 

というパターンに分ける事が可能です。もっとも、いつから利用停止になるのか?の正確な情報については、該当のクレジットカード会社で確認する事をお勧めします。

 

クレジットカードを紛失した場合の利用停止について

クレジットカードを紛失してしまった場合には、すぐにクレジットカード会社へ紛失届を行って下さい。そして、カード会社では紛失届があると即カードの利用停止処理を行います=即カードが利用停止になります。

ちなみに、一度紛失届を出したクレジットカードが見つかったとしても、そのカードを使うことは出来ませんので注意が必要です。

 

クレジットカードが利用停止されるとetcも使えない?

高速道路を利用する方にとって、ETCカードはとても強い味方になってくれますが、本体のクレジットカードが利用停止になってしまったらETCカードも利用停止になるのでは?と思っている方がいるようです。

確かに、ETCカードは本体のクレジットカードに付随しているカードになるため、本体が利用停止になる=付随しているカードも利用停止と考える事はごく当たり前と言えます。

 

ただ、ETCカードに関しては本体のクレジットカードが利用停止になったとしても、そのまま利用する事が可能です。というのも、高速道路の料金所のETCレーンではETCのカード番号や有効期限の読み取りは可能ですが、利用限度額や利用停止の有無についての情報を読み取る事が出来ないためです。

もっとも、ETCカードにも利用限度額の情報が記録されている訳では無く、あくまでカード番号と有効期限の情報しか登録されていないのです。そのため、本体のクレジットカードが利用停止になっていたとしても、ETCカードは利用停止にはなりません。

しかし、クレジットカードの支払いを延滞しているにも関わらずETCカードを使い続ける事は、本来の使い方ではありませんので絶対に行わないようにして下さい。

 

クレジットカードの利用停止を解除したいのですが?

今まで利用していたクレジットカードが利用停止になると、日常生活においては色々と不都合が生じる可能性があるため、出来る事なら利用停止を解除したいところです。ただ、一旦利用停止されてしまうと、その後解除出来るケースと出来ないケースがあるため注意が必要です。

また、カードの利用停止が解除する事が出来ない場合には今後そのカードを使う事が出来ません。そのため、今後別のクレジットカードを作るためには、こちらの記事で説明しているように審査に通るための必要な条件を揃えなければなりませんので、利用停止を解除する事が出来ない事態だけは避ける必要があります。

 

利用停止が解除出来るケースはこちら

クレジットカードの利用停止を解除出来るケースと解除する方法については下記の通りです。

解除可能な利用停止 利用停止の解除方法
利用限度額オーバー クレジットカードの利用限度額を超えてしまった場合には、次の支払い日まで待つか?またはカード会社に連絡をしてある程度の入金を行えば、入金した分の利用が可能になります。
延滞による利用停止

延滞による利用停止については、延滞した金額の支払いを行う事で利用停止の解除が可能になります。そして、この場合にはクレジットカード会社へ連絡を行い延滞した金額の支払いを行う旨を伝えて下さい。

その後、カード会社から後日引き落としがあるのか?無い場合には振込先口座を教えてもらう事が可能です。

カード不正検知システムの作動 カード不正検知システムに引っ掛かってしまった場合には、カード会社へ連絡する、またはカード会社からの連絡によって利用停止の解除が可能です。
カードの磁気が壊れた クレジットカードの磁気が壊れた場合には、カード会社へカード再発行の依頼を行う事で利用停止の解除が可能です。
 

利用停止が解除出来ないケースはこちら

残念ながらクレジットカードの利用停止が出来ないケースは下記の通りです。

利用停止が解除出来ないケース 利用停止の解除が出来ない理由
紛失届提出後のクレジットカード発見

一旦クレジットカード会社へカードの紛失届を提出した場合、カード会社では即利用停止の処理を行います。そして、その後カードが発見された場合でも、一旦利用停止の処理がされたカードの利用停止が解除される事はありません。

ただ、この場合には基本的に新しいカード番号のクレジットカードが発行されるため、今後はそちらのカードの利用が可能になります。

クレジットカードの会員規約違反

クレジットカードを利用している以上、会員規約を守る事は会員の義務となっていますが、この義務を守らず現金化や第三者による利用が行わた場合には、利用停止どころか最悪強制解約になってしまいます。

もっとも、会員規約を守る事は当たり前の事なので、この当たり前の事が出来ない会員にはカードを使う権利はなく、その権利がはく奪されても仕方ありません。

 
 
いかがでしたか?クレジットカードが利用停止になったとしても、場合によっては利用停止を解除する事が出来ますが、解除出来ない場合もあるため、日頃からカードの利用には注意が必要になります。
 
スポンサーリンク





サブコンテンツ

このページの先頭へ