多重申込がカード審査に与える影響はこれです

カード審査への多重申込は注意が必要です

a0002_008641

クレジットカード審査では個人信用情報機関の信用情報を照会しますので、信用情報にクレジットカードの申込情報が複数登録=多重申込されているとそれだけで審査に落ちる可能性が高くなります。

もっとも、信用情報にクレジットカードの申込情報が複数あれば、この申込者は生活に困っているのではないのか?とクレジットカード会社から見られてしまうため、かなり印象が悪くなってしまうため、審査で不利に事は仕方ありません。

 

ただ、短期間にクレジットカードの多重申込を行うと、本来は審査に通ったはずの案件もそれが理由で通らなくなる可能性があるのです。本来であれば通っていたはずの審査にもとある理由で通らなくなるなんて、クレジットカードが欲しい方にとってはこれほど残酷な事はありませんよね?

そこで、今回の記事ではカードの多重申込がその後の審査に与える影響について説明します。この事を知っておくと、今後審査への多重申込など行わないと思う事でしょう。

 

スポンサーリンク


クレジットカードに入会したいのは分かりますが…

今の世の中、クレジットカードが無いと生活するのが不便になると考えている方が少なからずいるのではないでしょうか?家電量販店や大型家具店ではもちろん、ガソリンスタンドや大手スーパー、さらにはコンビニでもクレジットカードでの支払いが可能になっているためクレジットカードに入会していればかなり便利な世の中になっています。

さらに、そのカードに入会すれば利用金額によってポイントやマイル が付くものがあり、そのポイントやマイルを使って買い物をしたり各種景品と交換、さらには旅行をしたりと、クレジットカードに付帯するサービスも充実してきています。

特に、現在はガソリン価格が高騰しているため、例えばこのクレジットカードを使えば5円引きという入会特典が付いた石油系クレジットカードの人気があるようですね。

 

また、現在は各種さまざまなサービスがあるため、ガソリンスタンドではこのクレジットカード、公共料金の支払いにはこのクレジットカードというように、目的に合わせて複数枚のクレジットカードに入会する方も増えています。

ただ、早くカードに入会してポイントやマイルなどの各種特典を貯めてお得なクレジットカードライフを送りたいと思い、短期間での多重申込を行う方がいますが、多重申込は少し待ってください。

 

多重申込で審査結果がくつがえってしまう?

クレジットカードを含めた各種金融商品審査への申込情報は、個人信用情報機関の信用情報から6ヶ月間で削除されます。そのため、この期間内でクレジットカードに申込を行う場合には多くても3枚程度に抑える必要があります。

この理由としては、先程も少し触れましたが短期間での多重申込=お金に困っておりカードを使って生活資金を調達したいのではないのか?と思われるため、審査に落ちる可能性があるのです。

 

ただ、信用情報から申込情報さえ削除されていれば、その他の情報=申込者の属性や過去の延滞や債務整理などの金融事故も特に無い場合には、特に問題無くクレジットカードが発行される可能性が高くなります。

しかし、クレジットカードが発行される前に別のカード審査への申込を行うと、本来通ったはずの最初のクレジットカードまで通らなくなる可能性があります。

 

審査では焦ってはいけません

というのも、基本的にクレジットカード会社では、カード審査の際にまずはクレジットカード利用限度額を決めるための仮審査を行い、その結果に問題が無ければ本人在籍確認を行った後に信用情報に申込情報として登録します。

この際に仮審査時のデータは削除される訳ですが、仮審査を始める前には無かったはずの他社申込情報が新たに信用情報に登録されていた場合には審査結果が覆る可能性があるのです。

というか、ただでさえ信用情報に6ヶ月間に複数の申込情報が登録されていればク審査では不利になるにも関わらず、この場合は1社目のクレジットカードに申し込んだ後すぐに2社目に申込を行っている事になります。

 

もっとも、1社目のクレジットカード審査への申込の最中に2社目の審査申込の情報が信用情報に登録されるというのは、1社目後にかなりの速さで申し込まない限りはありえない話なんですが、実際にはそういった方がいるのも事実なんですね。審査についての知識がない方の中には、同時に2枚とか3枚のカードに申し込む方もいるようですから。

でも、こんな短期間に複数のクレジットカード申込があれば、申し込んだクレジットカード会社から不審に思われるのも仕方ありません。ただ、どうしても何らかのカードが欲しいという方は、こちらで紹介しているおすすめのクレジットカードに入会するということも選択肢としてはありかと思います。

しかし、そうでない方が短期間にクレジットカード審査への申込を行う場合には、多重申込は避けて適度に間隔を空けてから、または1社目の審査結果が出てから2社目の申込を行って下さい。何事にもそうですが、焦りは禁物ですから。

 

スポンサーリンク





サブコンテンツ

このページの先頭へ