審査と口座残高の意外な関係はこちら

クレジットカード審査における銀行口座残高の扱い

a0002_003008

クレジットカード審査では、クレジットカード申込書に記載された内容を元に個人信用情報機関の信用情報や自社データベースに登録されている情報などを参考に審査可否の判断を行っています。

申込書には申込者の氏名や住所はもちろん、居住先や勤務先、年収など、申込者の個人情報が記載されていますので、クレジットカード会社ではこれらの内容で審査に掛けて自社の審査基準に達していればクレジットカードを発行する流れになるんですね。

 

ですので、居住先や勤務先、年収などの属性情報や信用情報の内容がカード会社の審査基準を上回っていれば何も問題は無いのですが、クレジットカード審査に申込をされる方の中には銀行口座残高を気にしている方がいるようですね。

確かに、クレジットカードを使えば毎月の支払い義務が発生しますので、銀行口座残高が多ければ支払いに回せるため審査で有利になるのでは?と考えているのかも知れませんし、逆に銀行口座残高が少なければ審査で不利になるのでは?とも考えているかも知れません。

そこで、今回の記事では、クレジットカード審査で銀行口座残高は関係してくるのか?否か?について説明しますね。

 

スポンサーリンク


確かに銀行口座残高が多ければ支払いに有利になります

銀行口座残高が多いという事は、それだけで安心感がありますよね?安心感があるという事は、ある程度クレジットカードを利用しても支払いに困る事はないと思います。

もっとも、銀行口座残高が50万円なのに毎月のクレジットカードの利用代金が30万円もあれば、あっという間に銀行口座残高が0円になってしまいますけど。つまり、銀行口座残高が多ければ多いほど、クレジットカード利用代金の支払いは有利になるのです。

 

クレジットカード審査では銀行口座残高は関係ありません

確かに銀行口座に多額のお金が入っていれば、そのお金をクレジットカード利用代金の支払いに回すことが可能になりますので、クレジットカード審査では有利になるかも?と思うのも仕方ありません。

ただ、銀行には顧客情報を守る=守秘義務がありますので、クレジットカード会社では顧客の銀行口座残高を調べる方法が無い=顧客の銀行口座残高を知ることは出来ないんですね。

もっとも、簡単に銀行が顧客の個人情報を第三者へ漏らすような事があれば、その銀行の信用はガタ落ちする事になりますので、銀行がクレジットカード会社へ顧客の銀行口座残高を教えるという事はありません。

 

ですので、自分には多額の銀行口座残高があるのでクレジットカード審査では有利になるはずだと思っているのであれば、そういった考えは捨てて下さい。先程も説明しましたが、審査ではあなたの銀行口座残高がいくらあろうがそれはほとんど影響しないのです。

 

審査では銀行口座残高を気にするより年収を増やす努力を行いましょう

ここまで説明してきましたが、クレジットカード審査ではいくら銀行預金残高があったとしても、それが審査結果に影響する事はありません。ですので、審査に通りたいのであれば銀行預金残高を気にするよりも現在の支払い能力(年収や勤務先情報など)を上げる事に集中した方が良いです。

さらに、審査では重要な要素の1つでもある、審査とクレジットヒストリーの関係でも説明している良好な利用実績を登録し続ける事をお勧めします。支払い能力があり、個人信用情報機関の信用情報に良好なクレジットヒストリーが複数登録されていれば、それだけで審査では有利になるのですから。

審査に通るためにまずやるべき事、それは審査に通るために必要な事が書かれているこのページでも説明していますが、相手(クレジットカード会社)が求めているものを理解して、それに自分を合わせる事なのですから。

 

スポンサーリンク





サブコンテンツ

このページの先頭へ