審査における年収の書き方はこうなります

クレジットカード審査では年収は多いに越した事は無い

a0002_010342

クレジットカード審査においては、申込者の支払い能力を表す年収は極めて重要な意味を持ちます。それは、年収が少なければ仮にクレジットカードを発行したとしても、今後クレジットカードの利用代金を支払う事が難しくなるからです。

つまり、年収が少ないとクレジットカード審査で落ちる可能性が高くなってしまいますので、年収が少ない申込者にとっては少しでも年収額は多く記入したいと思うのも無理はありません。

 

ただ、年収には税込みと手取りの2種類があり、クレジットカードの申込書にはどちらを記入したら良いのかが分からないという方が多くいるようですね。

それに、手取りよりは税込みの方が年収が多くなりますので、クレジットカード審査では有利になりそうですが、実際に手元に残るのは手取りのため判断に悩まれているようです。そこで、今回の記事ではクレジットカードの申込書に記入する年収について説明します。

 

スポンサーリンク


クレジットカード申込書には税込み年収を記入すべし

カードローンや住宅ローンでは、申込の際には必ず年収を記入しますが、この際記入する年収は税込み年収ですよね?というか、私は過去にカードローンや住宅ローンの年収で手取り額を記入した事は一度もありませんけど。

もっとも、これは後述しますが年収というものは、毎月の基本給のほかに残業手当や通勤手当、住宅手当などの各種手当も含まれての年収であり、税金を支払う前の総額=年収となっているのです。

そのため、クレジットカード審査では、申込者の年収が審査に影響を与える可能性が高いカードローンや住宅ローンと同様に税込み年収で問題ありません。ちなみに、税込み年収が200万円以下の場合にはこちらの記事で説明していますが、即クレジットカード審査に落ちる可能性が高くなるため注意が必要です。

 

そもそも年収の定義とはなに?

年収とは1年間の収入の合計をいいます。通常、年収とは税金や社会保険料を含めた収入の総額のことを指します。

それに対して手取り年収とは、  年収から税金や社会保険料を差し引いた1年間の収入の総額のことを指します。

これは、コトバンクというネット上の検索サービスからの引用ですが、年収=収入の総額との説明があるように、一般的な年収とは税込み年収になるのです。ですので、クレジットカード申込書の年収欄には、税込み年収を記入して下さいね。

 

税込み年収はどこを見れば良いのか?

これについては、毎年会社から年末に源泉徴収票をもらうと思いますが、この源泉徴収票の支払い金額欄に記載されている年収をクレジットカード申込書の年収欄に記入して下さい。恐らく会社員の方であれば、どこかしらに保存してある(?)と思いますので、審査の際には源泉徴収票を引っ張り出して支払金額欄の金額を申告して下さい。

ただ、支払い金額欄の記載されている年収に端数がある場合には、最後の桁まできっちり記入する必要は無く、10万円以下の端数は切り上げで問題ありません。例えば、支払い金額欄の年収が3,584,235円の場合には、クレジットカード審査申込書の年収欄に360万円と記入しても問題ないという事です。

しかし、実際の年収が150万円なのに200万円や、実際の年収が200万円なのに250万円など、一見してあきらかな虚偽申告と分かるような行為は行わないようにして下さい。近年の審査では申込者の勤務先と勤続年数によってある程度の年収予測が可能となっているため、虚偽申告があるとすぐにバレる可能性が高いです。

 

源泉徴収票が見つからない場合には?

源泉徴収票が手元に無い場合、再発行するためには勤務先へ再発行の手続きを行う必要がありますが、中には勤務先への再発行手続きを嫌がる方がいます。もっとも、源泉徴収票を使用するケースのほとんどが年収を証明するため=金融商品の利用になるからです。

このため、源泉徴収票の再発行手続きがあると、勤務先からはこの方は何らかの金融商品の利用を予定している=お金を借りる予定があると思われると考えている方がいますので、出来る事なら源泉徴収票の再発行手続きは行いたくないと思っているのでしょう。

 

ただ、住宅ローンやオートローンなど高額な案件とは違い、クレジットカード審査では源泉徴収票の提出は必須ではありません。必須ではないため、審査の際の年収は見込み年収でも問題ないのです。

そして、この見込み年収ですが、現在の税込月収×12ヶ月でも問題ありませんので、そのように記入した方が良いです。例えば、現在の税込月収が20万円だった場合には、20万円×12ヶ月=240万円と申告しても問題ありません。

 

スポンサーリンク





サブコンテンツ

このページの先頭へ