審査での専業主婦の扱いはこうなります

カード審査における主婦や専業主婦の扱いはどうなの?

a0002_010073

クレジットカード審査では、申込者の属性情報や信用情報の内容を精査したうえで、審査可否の判断をしています。特に、審査ではクレジットカード発行後の債務不履行を防ぐために現在の勤務先や勤続年数、年収などの属性が重要視されています。

そして、審査に申し込む方の中には、公務員や上場企業の社員、さらには一般企業の社員や自営業、派遣社員など、さまざまな職業の方がおり、これらの職業の方には毎月決められた給料(収入)が入る事になります。(自営業の方は毎月の収入にばらつきが出る場合あり)

 

ただ、これらの職業に就いている方以外の方、例えば主婦や専業主婦の方には毎月の収入が少ない、または全くないという場合があり毎月の継続収入が必須のクレジットカード審査では不利になるように思われます。

確かに、主婦や専業主婦の方と言えば、基本的に配偶者の収入によって家計のやりくりを行っていますので、配偶者の収入がしっかりしていれば日常生活には困る事はありません。

しかし、主婦や専業主婦には安定した収入がありませんので、この点に関しては審査でどのような影響が出てくるのでしょうか?

 

スポンサーリンク


主婦や専業主婦について

この主婦と専業主婦、職業的には一見似ているように思えますが、その中身は微妙に異なっていますので、まずは主婦と専業主婦について説明しますね。

 

主婦:基本的に家事もするがパートなどで多少なりとも毎月の収入を得ている女性

専業主婦:全く仕事をせずに家事に専念している女性

 

どうですか?主婦はパートで多少なりとも毎月の収入がある女性の事を言います。とは言うものの、大きなくくりでは主婦も専業主婦も同じ意味で使われる場合が多いので、クレジットカード審査においてはこの両者にそれほど大きな違いはありません。

それは置いておいて、専業主婦は家事の身に専念して毎月の収入は全く無いのです。それでは、専業主婦の方はどのように毎月生活をしているのでしょうか?それは、旦那(夫)の給料で毎月生活しているのです。はい、夫の給料で生活しているというところがクレジットカード審査では重要になってくるのです。

 

審査では主婦も専業主婦も夫の収入が全てです

クレジットカード審査では、申込者の支払い能力を見るために勤務先情報や年収、過去の支払い状況などをチェックして審査可否の判断をしていますので、一見主婦や専業主婦の場合には審査で落ちる可能性が高いように思われます。

ただ、主婦や専業主婦の場合には、当然ですが配偶者(夫)がいますので、生計を同一にしている誰かの収入が一定以上あればカード審査に通る事は十分可能なのです。

 

つまり、クレジットカード審査では、クレジットカード申込者が主婦や専業主婦の場合には配偶者の勤務先や勤続年数、年収が重要視される事になり、それらの属性情報が一定以上の水準にあれば審査に通る可能性が高くなります。

そのため、自分の属性が一定の水準以下の場合には、まずは属性を一定の水準にまで上げる=審査前に対策を行う必要があります。審査に通らない方は何かしらの理由がありますので、まずはその理由を究明して必要な対策を取る事が審査通過への近道になるのですから。

 

主婦や専業主婦にはイオンカードがお勧めです

これはここで説明する必要が無いくらい浸透している事ですが、主婦や専業主婦の方には日本の大手スーパーマーケットのイオンの系列会社イオンクレジットサービスが発行しているイオンカードがお勧めです。

このイオンカード審査では、スーパーマーケットであるイオンでの自社顧客獲得のために、男性よりもイオンを良く利用してくれるであろう女性客層を優遇しており、主婦や専業主婦で年収が少なくても配偶者の年収次第では十分審査に通る事が可能となっています。

実際に私の知り合いの専業主婦の方数名がイオンカード審査に通って無事クレジットカードが発行された実績もありますし、毎週火曜日にはイオン恒例の火曜市、そして毎月20日と30日にはお客様感謝デーなど、各種イベントも豊富に開催されており、主婦や専業主婦には強い味方になっています。

 

さらに、イオンカード会員には毎月お買い物から一定の割引を受ける事が可能なクーポンも届きますので、主婦や専業主婦の方にはこのイオンカードはとてもお勧めの1枚となっています。

 

スポンサーリンク





サブコンテンツ

このページの先頭へ