審査では申込商品によって結果が異なります

短期間での申込商品選びは慎重に

a0002_010998

過去の金融事故情報や住所・氏名などの属性情報以外にも、クレジットカード審査に影響を与えるものがあります。この事は、あまり知られていないのですが、これをやってしまうとかなりの高確率でクレジットカード審査に落ちてしまいます。

それは、短期間における申込商品の選別になりますが、これを間違ってしまうとその後の審査に通らない可能性が出てくるのです。

普通に審査を受けていれば問題なく通ったのに、ちょっとした事でクレジットカード審査に落ちてしまう事は良くある話なので、クレジットカード申込前には細心の注意が必要になります。

 

それでは、クレジットカード審査においての短期間の申込商品とは、一体何の事なのか?について説明しますね。この申込商品を知っていれば今後のカード審査への影響を最小限にとどめる事が可能になります。

 

スポンサーリンク


クレジットカード審査に影響を与える商品とは?

もともと、短期間での金融商品の申し込みは、クレジットカード審査に悪い影響を与える事になりますが、その商品内容によってはさらに悪くなる=審査では不利になる可能性があるのです。

そして、この商品とは換金性の高い商品になります。換金性が高い商品とは、パソコンやビデオカメラ・各種宝石類などになり、これらの商品をショッピングクレジットで申込や購入をしているとその後のクレジットカード審査に影響を与えてしまうのです。

 

もっとも、これらの商品は質屋や中古ショップに持ち込めば簡単に現金に変えることが出来るため、クレジットカード会社では警戒しているんですよね。

さらに言えば、近年の急速なインターネット環境の普及によって、質屋や中古ショップなどのオフラインよりもネットオークションでの取引が多くなっているため、こうした換金性の高い商品は購入後店舗に足を運ぶことなくオークションですぐに売る事が出来てしまうのです。

クレジットカード会社では、換金性が高い=至急に現金が必要なのでは?と考えますので、直近でこれらの商品を申込・購入していればクレジットカード審査に影響を与えるのも仕方ありません。

 

換金性の高い商品の購入件数はどれくらい?

換金性の高い商品と言えども、1回の購入ではクレジットカード審査にほとんど影響は与えません。それは、その商品が顧客にとって本当に欲しい商品の可能性があるためです。

それでは、購入件数の目安はどれくらいなのでしょうか?についてですが、この目安は1ヶ月に2回以上、半年間(信用情報に申込情報が登録されている期間)で3回以上の申込情報が登録されていると、クレジットカード審査で落ちる可能性が極めて高くなります。

 

もっとも、短期間に換金性の高い商品を申込・購入していれば、それが換金目的での購入=申込者がお金に困っている事は容易に想像出来ますので、クレジットカード会社としても慎重に審査をせざるを得なくなります。

ちなみに、短期間で換金性の高い商品の申込が複数あると、クレジットカード審査はもちろんですがオートローンや銀行からの融資にも悪影響を与えますので、カード審査はもちろん他の金融商品申し込みの前には換金性の高い商品の購入は控えた方が良いです。

 

換金性の高い商品でも審査で有利になる事もある

いくら換金性の高い商品を複数購入したとしても商品代金の支払いを短期間で完済すれば、支払い履歴=クレジットヒストリーが積み重なりますので、こちらの記事でも説明していますがクレジットカード審査では有利になる可能性が高いです。

これは、もちろん延滞無く支払った場合ですが、短期間で完済していれば印象が良くなりますので、クレジットカード会社からは支払い優良者と見られる可能性が高くなるためです。

カード会社から支払い優良者と見なされれば、それだけでクレジットカード審査を有利に進める事が出来ますので、こういった商品に限らず各種商品代金の支払いは短期間で完済する事をお勧めします。

 

スポンサーリンク





サブコンテンツ

このページの先頭へ