カード裏署名の詳細はこちら

クレジットカード裏面には署名欄があります

私たちが日常的に利用しているクレジットカードには、表面に保有者の氏名やクレジットカード番号、さらには有効期限や各種ブランドマークが記載されており、裏面には、クレジットカード会社への連絡先やセキュリティ番号の他に、クレジットカードの保有者である事を証明するための署名欄があります。

そして、クレジットカードの裏の署名欄には必ず保有者が自筆で署名を行う必要があり、実店舗の店員は顧客からクレジットカードの利用があった際に、このカード裏面の署名を確認して利用代金の決済を行う事になります。

クレジットカード裏の署名

ですので、大抵のクレジットカード保有者は、クレジットカード審査に通ってクレジットカード会社からカードを受け取ったら、まずこの裏面の署名欄に自筆で署名を行っていると思われます。

 

ただ、この署名については日本語で署名するのか?ローマ字で署名するのか?漢字で署名するのか?ひらがなで署名するのか?、そもそも署名しなくても使えるのか?など、いくつかの疑問が出てくるかも知れませんよね?そこで、今回の記事ではクレジットカードの裏署名の詳細について説明します。

 

スポンサーリンク


そもそもクレジットカード裏面の署名は必須なのか?

結論から書きますが、クレジットカード裏面の署名は必須です。というか、クレジットカード会社からカードが届いた際に同封されている会員規約に、まずはクレジットカード裏面の署名欄に自筆で署名して下さいという注意書きがあるはずですよね?

会員規約にこうした項目があるという事は、そうです、クレジットカードは必ず裏面の署名欄に署名しなければならず、裏面に署名していない=会員規約に違反しているクレジットカードは原則使用する事が出来ません。

 

クレジットカードは日常生活においてとても便利なものですが、これを使用する際には必ず会員規約を守る必要があり、会員規約を守りながら使用するのが私たちクレジットカード会員の義務なのですから。

そして、こちらの記事でも取り上げているクレジットカードの現金化のように、この会員規約を守らずに使用すると、後々大変な事になる可能性があるため、必ず会員規約は守るようにして下さい。

 

署名が無いクレジットカードは利用を拒否される可能性があります

これは意外と知られていない事ですが、会員規約で裏面への署名が義務付けられているクレジットカードは、裏面に署名が無いと街中でのショッピングや各種サービスでの利用を断られる可能性があるのです。

というのも、スーパーや家電量販店ではクレジットカード決済の際に、必ず裏面に署名があるのか?を確認していますよね?そして、裏面に署名の無いクレジットカードは、持っている人が本人かどうか?を確認する事が出来ません。

スーパーや家電量販店の店員は、本人確認のため裏面の署名を確認していますので、本人かどうかの確認が出来ないクレジットカードを使おうとした場合、店員は利用者に自筆でのサインを求める事ができ、利用者がこのサインと断ると店側はクレジットカードの利用を拒否する事が出来るのです。

 

もっとも、裏面に署名が無いカードは、最悪第三者の利用も考えられるため、そういったカードを決済で使わせるわけにはいきません。ですので、クレジットカード会社からカードが届いたら真っ先に裏面へ署名して下さい。

 

署名が無いと悪用される可能性があります

裏面に署名の無いクレジットカードの場合、これを紛失したり盗難にあって第三者の手に渡ってしまうと、簡単に裏面へ署名する事が出来ますよね?そして裏面へ署名したカードは簡単に街中でのショッピングに利用する事が出来てしまいます。

その結果、自分がクレジットカードを利用した訳ではないのに、その支払い義務は自分が負う事になるのです。さらに言えば、裏面に署名が無い=会員規約に違反していますので、こうした紛失や盗難によって被害を受けた際の補償を受けられない可能性もあります。

もっとも、会員規約に違反している訳なので、その補償を受けられない事はごく当たり前と言えますので、裏面への署名は必ず行って下さい。

 

カード裏面の署名は漢字?それともローマ字?

これ、悩む人がかなりいそうですよね?日本での利用だと漢字が良さそうですし、海外での利用だとローマ字が良さそうですよね?さらにクレジットカードの表面の氏名はローマ字表記になっているため、ローマ字の方が良いのでは?と考える人もいるでしょう。

ですので、ここは悩みどころですが、結論から言えば日本語でもローマ字でもどちらでも構いません。自分の好きな方で署名して下さい。署名の言語には決まりはありません。

 

ただ、これは私の考えですが、クレジットカードを主に日本で利用する方は漢字でもローマ字でもどちらでも良いと思います。それは、漢字やローマ字の場合、どちらも書き手のクセが表れるため第三者に真似される事は少ないと考えられるためです。文字は人を表すではありませんが、文字にはその人の特徴が出やすいですから。

逆に、海外での利用が多い方は漢字の方が良いでしょう。というのも、海外の人はローマ字は書き慣れているものの、漢字は書き慣れていないと思われるためです。海外の人は漢字を書く機会も少ないでしょうし。

 

カード裏面の署名はカタカナ?それともひらがな?

これは、すでに先程答えが出ていますよね?はい、カタナカでもひらがなでも問題ありません。カタカナやひらがなは第三者に簡単に真似される可能性があるため、漢字かローマ字の方が良いと思います。

ちなみに、緊張して裏面の署名を失敗した場合には、すぐにクレジットカード会社へ連絡をしてカードの再発行をしてもらって下さい。それは、署名を訂正したり上書きしたりしているクレジットカードは利用することが出来ないからです。

 

スポンサーリンク





サブコンテンツ

このページの先頭へ