クレジットカードには一定の審査基準があります

カードの審査基準は是非覚えておいて下さい

当サイトではこれまでクレジットカード審査について様々な角度から解説してきました。ただ、今サイト内を確認してみたら肝心の審査基準の詳細についての解説がありませんでした。

クレジットカードの審査基準

もっとも、微妙に審査基準という言葉は使っていましたが、その中身はというと具体的な数値が示されておらず少し中途半端になっているような感じなので、今回の記事では具体的な数値を示して説明します。

何故今頃審査基準の説明をするのか?といった疑問があるかも知れませんが、実はクレジットカード審査にはこのくらいの属性があれば通るであろうという、一定の審査基準があり、これを説明しないと具体的な対策を立てる事が難しいためです。

 

一定の審査基準はこちら

ここからは、クレジットカード業界ではごく当たり前となっている、クレジットカード審査の基準について説明していきます。

属性情報 一般的な属性情報の審査基準
年齢

現在日本で発行されているクレジットカードの申込年齢は満18歳以上(高校生は不可)となっていますので、最低限この年齢以上の方のみ申込可能です。(未成年は親権者の同意が必要です)

なお、当サイトでのクレジットカード申込No.1のアコムACマスターカードの申込条件は満20歳以上となっています。

居住形態 この居住形態には、持ち家(一戸建て、マンション)、賃貸(一戸建て、マンション)、賃貸アパート、間借りや下宿などがありますが、間借りや下宿以外であれば問題ありません。
居住年数 この居住年数ですが、最低1年以上あれば問題ありません。ただ、新築物件であれば1年以下でも審査に通る可能性は十分あります。
勤務先 この勤務先には、収入が安定している公務員や上場企業、さらには一般企業などがありますが、一般的な企業であれば問題ありません。
勤務形態

この勤務形態には、社員やパート・アルバイト、派遣社員や契約社員、自営業、専業主婦、無職などがありますが、一般的には社員であれば問題ありません。

また、それ以外のパートやアルバイト、派遣社員や契約社員、自営業や専業主婦でもクレジットカードによっては十分審査に通る可能性があります。

ただ、無職の方は申込書に無職と記入した時点でほぼ間違いなく審査に落ちる事になるため、何かしらの収入を得る必要があります。

勤務年数 この勤務年数ですが、最低1年以上あれば問題ありません。ただ、高卒後に就職した場合には勤続年数が少なくて当たり前なので、勤続年数半年程度でもクレジットカード審査可決の実績が複数あります。
年収 この年収ですが、最低でも200万円以上で300万円以上あれば問題ありません。また、申込書に記入する年収の書き方ですが、これは税込み年収(新入社員の場合は1年間の税込みでの見込み年収)で問題ありません。
他社借入件数

この他社借入件数(キャッシング)ですが、他社借入件数が多いと現在お金に困っている事が明白なので出来る限り少ない方が審査では有利になります。

そこで、他社借入件数の目安ですが2件以内であれば、その借入金額にもよりますがそれほど問題になる事はありません。

他社借入金額

この他社借入金額(キャッシング)ですが、クレジットカードのキャッシング枠は貸金業法による総量規制の対象となっているため、年収の1/3以下である必要があります。

ただ、すでに年収の1/3以下だったとしても限りなく1/3に近い場合には審査に落ちる可能性が非常に高くなってしまうため注意が必要です。

そこで、この他社借入金額の目安ですが、申込者の年収にもよりますので金額的な目安は言えませんが、おおよそ年収の10%以下であれば問題ないようです。

 

一般的なクレジットカードであればこの審査基準を抑えておけば問題ありませんが・・・

ここまで、クレジットカード審査の基準について、色々な属性情報を元に説明してきましたが、ここまで説明してきた審査基準に達していれば、私の経験上一般的なクレジットカード審査に通る事は十分可能となっています。

ただ、これはあくまで一般的な審査基準になっていますので、ステータスの高いクレジットカードの場合にはもう少し基準が高くなっているため注意が必要です。

特に、年収が200万円近辺の方や勤務形態がパートやアルバイト、派遣社員や契約社員、専業主婦の方の場合には、審査の段階で足切り(即審査落ち)になる可能性があるため、申込を行うクレジットカードは慎重に選ぶ必要があります。

 

信用情報に金融事故情報が登録されていない事が前提条件です

クレジットカード審査では、いくら一定の審査基準を上回っていても審査で落ちる可能性が高くなる問題があります。それは個人信用情報機関の信用情報に金融事故情報が登録されている事です。

この信用情報に金融事故情報が登録されていると、いくら公務員や上場企業に勤務していて年収も500万以上で支払い能力があったとしても審査に通る事は難しいと言わざるを得ません。

なので、審査基準も重要ですがそれ以上に信用情報の登録内容も重要なので、審査に不安のある方は信用情報の開示請求を行い信用情報の登録内容を確認して下さい。そして、何らかの事故情報が登録されている場合には、その事故情報が削除されてからクレジットカート審査への申込を行った方が良いです。

 

スポンサーリンク





サブコンテンツ

このページの先頭へ