デビットカードとクレジットカードの違いはこれ

デビットカードとクレジットカードは違います

デビットカードとクレジットカードの違い

現在の日本においては、満18歳以上のかなりの方が持っていると思われるクレジットカード。そして、クレジットカードがあれば色々なシーンでの利用が可能となっているため、日々快適なカードライフを送る事が可能となっています。

ただ、中には審査に通らない=クレジットカードを持つ事が出来ない方もいるため、そういった方はデビットカードをクレジットカードと同じような使い方で利用しています。

 

しかし、このデビットカードはクレジットカードではありませんので、この両者には微妙に違いがあり、この違いを理解していないと今後デビットカードの利用者がデビットカードに対して不満が出てくる可能性があります。

そこで、今回の記事ではデビットカードとクレジットカードの違いについて、色々な角度から説明します。

 

スポンサーリンク


デビットカードとクレジットカードの違いは色々あります

ここからは、クレジットカード審査に通らない方には是非とも持ってほしいデビットカードとクレジットカードの違いについて、色々な方面から説明していきます。この両者の違いを理解する事によって、今後デビットカード利用者も快適なデビットカードライフを送る事が可能になるでしょう。

 

デビットカードとクレジットカードの違いはこちら

ここでは、デビットカードとクレジットカードの違いについて一覧表にまとめてみたのでご確認下さい。

比較項目 デビットカード クレジットカード
申込年齢 満15歳以上(中学生不可) 満18歳以上(高校生不可)
審査の有無 審査不要(一部簡易審査有り) 審査は必須
発行会社 銀行 クレジットカード会社
年会費 無料と有料がある 無料と有料がある
利用限度額 銀行口座残高の範囲内 カード会社によって決められた利用限度額の範囲内
利用方法 決済と同時に銀行口座から引き落とし 後日決められた日に引落口座より引き落とし
支払い方法 1回払いのみ 1回払い、分割払い、ボーナス払い、リボルビング払い
国際ブランド VISA、JCB(一部加盟店では利用不可) VISA、Master、JCB、ダイナース、アメリカンエクスプレス
 

一番の違いは決済形式

先程の一覧表を見ていただければ分かりますが、デビットカードとクレジットカードには色々な違いがあります。申込年齢や審査の有無、利用限度額など、これらの違いを理解する事がデビットカードを快適に使うためには必須と言えます。

そして、この両者の違いで最も重要だと思われる事が、その決済方式の違いになります。クレジットカードでは商品先買いの代金後払い=ツケ払いが可能となっているのに対して、デビットカードは決済と同時に利用代金が指定の銀行口座から引き落とされます。

つまり、デビットカードではツケ払いが出来ないのです。もっとも、デビットカードは基本審査不要で持つ事が出来る=信用力の調査が無いため、後日の支払いではなく決済即引き落としとなっている事は当たり前と言えます。

 

デビットカードとクレジットカードの見た目の違いは?

デビットカードは、基本的に日本はもとより世界各国のVISAやJCB加盟店での利用が可能となっています。ただ、こういったVISAやJCB加盟店では主にクレジットカードの利用者が多いため、見た目でデビットカードと分かると少し引け目を感じてしまう方がいるかも知れません。

そこで、気になるデビットカードとクレジットカードの見た目の違いですが、まずは下記にデビットカードとクレジットカードの画像を掲載したのでご確認下さい。

 

■デビットカード

楽天デビットカード

 

 

 

 

■クレジットカード

楽天カード

 

 

 

 

気付きましたか?デビットカードには券面にDebit cardという記載があるのです。もっとも、デビットカードによっては一目でデビットカードとは分からないものもありますが、大抵のデビットカードにはこのように券面にデビットカード(Debit card)という文字が入っているため、決済時にはすぐに分かってしまいます。

ただ、いくらデビットカードだからと言っても、VISAやJCB加盟店ので利用が可能となっていますので、気にせず使っていただければと思います。ちなみに、こちらの記事では当サイトお勧めのデビットカードを紹介しています。

 

デビットカードとクレジットカードの番号の違いは?

デビットカードには、クレジットカードと同様にカード番号があります。そして、この両者のカード番号ですが、先程の画像で確認していただければ分かりますが、両者とも16桁からなる番号になっています。

ただ、クレジットカードの番号は上6桁がクレジットカード会社に割り当てられた固有の番号となっているため、カード番号を見ればそれがクレジットカードかデビットカードなのか?の判別が可能です。

もっとも、これは専門家が見ればの話であって、一般の店員がカード番号を見ただけで判別が可能な?と言われると、それは難しいと思われます。

 

ちなみに、クレジットカードの16桁のカード番号ですが、これは券面にエンボス加工(凸凹印字)により印字されていますが、これがデビットカードの場合にはエンボス加工ではなく平面印字となっていますので、この違いによっても両者を判別する事が可能です。(クレジットカードのビューカードも平面印字です)

 

デビットカードのメリットとデメリット

ここからは、デビットカードのメリットとデメリットについて説明していきます。デビットカードを使う上でそのメリットを把握しておくことはとても重要であると共に、デメリットも把握しておくことで、より快適なデビットカードライフを送る事が可能になります。

 

デビットカードのメリットはこちら

■基本的に審査なしで持てます

デビットカードは基本的に審査無しで持つ事が出来るため、個人信用情報機関の信用情報に金融事故情報が登録されている方でも預金残高があれば持つ事が可能です。

 

■銀行口座残高の範囲内なので多重債務の心配なし

銀行口座残高の範囲内での利用となるため、クレジットカードのように使い過ぎによる多重債務の心配がありません。

 

■多額の現金を持ち歩く必要がありません

クレジットカードやデビットカードが無い方は、常に財布にそれなりの現金を入れておく必要がありますが、デビットカードがあれば多額の現金を持ち歩く必要がありません。そのため、セキュリティ面で安心と言えます。

 

■海外ATMで現地通貨の引き出しが可能

デビットカードは日本はもとより海外での利用が可能となっているため、海外旅行や海外出張などの際に現地通貨が必要になった時には現地提携ATMから現地通貨の引き出しが可能となっています。また、これも銀行口座残高の範囲内での利用となるため使い過ぎる心配がありません。

 

■ショッピング保険付き

デビットカードには、ショッピング保険が付いているものがあります。そして、このショッピング保険では不正利用によって生じた損失を補償してもらう事が可能となっています。

 

デビットカードのデメリットはこちら

■口座残高以上に使う事が出来ない

これは当然ですが、デビットカードでは銀行口座残高の範囲内でしか利用する事が出来ません。という事は、デビットカードを利用したいが口座残高が不足しているため利用する事が出来ないというケースも出てくることになります。

もっとも、クレジットカードにも利用限度額があるため、これはそれほどデメリットに感じない方もいるかも知れません。

 

■一部利用不可の加盟店がある

デビットカードでは、VISA加盟店(VISAデビット)やJCB加盟店(JCBデビット)での利用が可能となっていますが、これらの加盟店の一部ではデビットカードの利用が出来ないところがあるため注意が必要です。

 

■ポイント還元率が低い

デビットカードにも、利用した金額に応じてポイント還元やキャッシュバックなどの特典がありますが、クレジットカードと比べその還元率は低くなっています。もっとも、デビットカードを利用しても銀行には利用手数料が入らないため、これは仕方がありません。

 

■ETCカードの発行は出来ません

一般的なクレジットカードの中には、ETCカードの発行が可能なカードがありますが、デビットカードではETCカードを発行する事が出来ません。また、一部デビットカードでは家族カードの発行が可能なものがありますが、大抵のデビットカードでは家族カードの発行が出来ませんので注意が必要です。

 

■支払いは1回払いのみ

デビットカードは、決済即引き落とし=1回払いのみとなっており、クレジットカードのように分割払いやボーナス払い、リボルビング払いなどの各種回数払いを行う事が出来ません。

 

いかがでしたか?信用情報に金融事故情報が登録されている方にとっては強い味方のデビットカードですが、クレジットカードとの違いや色々なメリット、デメリットがある事が分かっていただけたと思います。

そして、これらの事実を把握する事で、今後のデビットカードライフを満喫する事が可能になりますので、デビットカードを使う際にはメリットやデメリットがあるという事を頭の中に入れておいていただければと思います。

 

スポンサーリンク





サブコンテンツ

このページの先頭へ