初めてのクレジットカードの選び方はこちら

初めてのクレジットカード選び

今や日常生活には欠かせない存在になっているクレジットカード。このクレジットカードですが、今まである程度の人生経験がある人であれば1枚や2枚程度は持っていると思われますが、中にはまだ1枚も持っていない=初めてクレジットカードを持ちたいけど選び方が分からないという人がいるかと思います。

もっとも、現在日本では数多くのカードが発行されており、それぞれに年会費無料や利用の際のポイント還元率、さらにはカードを作るだけで特典があるものなど色々な特徴があり、初めてのクレジットカードの選び方で悩んでいる人も多いかと思います。

 

初めてのクレジットカードの選び方

それ以前にも、クレジットカードを作る上でとても重要なクレジットカード審査に通る事が出来るのか?など、考えれば考えるほどにどれにしたら良いのかが分からなくなっているかも知れません。

特に、初めてクレジットカードを作る際には、審査で注意すべき点がいくつかあるのです。そこで、今回の記事では初めてのクレジットカードの選び方について、色々な角度から説明していきますね。

 

スポンサーリンク


クレジットカードには色々な特徴があります

現在日本では数多くのクレジットカードが発行されている訳でなので、当然ですが各クレジットカードにはそれぞれ色々な特徴があるため、どのクレジットカードを選んだら良いのか?で迷う可能性がありますよね?

そこで、ここではクレジットカードの特徴について説明していきます。

クレジットカードの特徴 特徴の詳細
新規入会時特典

クレジットカードによっては、新規入会時にクレジットカードで利用が可能なポイント特典が付いている場合があります。

この新規入会時のポイントですが少ないカードでも2,000ポイント程度、多ければ10,000ポイント以上ものカードがありますので、初めてのクレジットカード選びでは重要な選択ポイントになりそうです。

10,000ポイント貰えれば、それはすでに10,000円分の商品を無料で購入する事が可能になっていますから、これはお得ですよね。

発行会社で選ぶ

現在日本には100社以上のクレジットカード会社があり、皆さんが知っているような三井住友カードや三菱UFJニコス、セゾンカードなどの大手から楽天カード、オリコカード、イオンカードなどの中小までさまざまです。

そして、クレジットカードの利便性自体はどのクレジットカード会社が発行しているカードを選択してもそれほど変わりはありませんが、細かなサービスにおいては多少なりとも違いがあるのです。

というのも、大手のクレジットカード会社では、それこそ知名度があるため特に細かなサービスまで手を回さなくても勝手に顧客が集まってきますが、中小のクレジットカード会社ではメディアでのアピールとともに細やかなサービスで大手に対抗する必要があるのです。

 

■大手クレジットカード会社の特徴

中小と比べセキュリティ面やサポート面が充実しているので安心
中小と比べ万が一の時にも素早く対応してくれる
中小と比べ年会費が高い
中小と比べポイント還元率が低い

■中小クレジットカード会社の特徴

大手と比べセキュリティ面やサポート面で弱いところがある
大手と比べ万が一の時の対応が遅くなる可能性がある
大手と比べ年会費が低い、または年会費無料のところが多い
大手と比べポイント還元率が高い

 

このように、セキュリティやサポート面の充実を取るか、年会費無料やポイント還元率を取るかで、クレジットカードの選び方が異なってきますので、今後の事を考えどのクレジットカードを選択すれば良いのか?を考えていただければと思います。

利用目的で選ぶ

利用目的でクレジットカードを選ぶ人は多いと思います。海外旅行や出張が多いから海外旅行保険付きやマイルが貯まるカードが欲しい、特定の店舗での買い物やネットショップでの買い物が多いから、自社店舗での買い物でのポイントが数倍、または何かしらの特典が付くカードが欲しいなどなど。

特に楽天カードやイオンカードなど、自社店舗や自社ネットショップなどを持っているクレジットカードでは、自社店舗での利用でより多くのポイントが付く=お得になっていますので、クレジットカードの利用目的を考慮した上で選ぶと良いでしょう。

年会費

クレジットカードには年会費が掛かるものと掛からないもの、さらには1年目は無料で2年目以降から掛かってくるものなど、カードによって年会費があるものと無いものとに分かれています。

特に、ステータスの高いカード(プラチナカードやゴールドカードなど)や大手クレジットカード会社が発行しているカードには年会費が掛かるものが多くあります。

 

これに対して、中小のクレジットカード会社が発行しているカードには、年会費が掛からない=年会費無料のカードが多くありますので、年会費が有料か無料かによって選ぶ方法もあります。

もっとも、年会費が有料だからと言っても、大抵の場合は年会費500円~1,000円程度(ゴールドやプラチナはもっと高額)のものが多いため、他の特徴と合わせてクレジットカード選びの検討材料にしたら良いかと思います。

国際ブランド

この国際ブランドとは、クレジットカード表面の右下にVISAやMaster、JCBなどのロゴが入っていると思いますが、これらVISAやMaster、JCBなどの事を言います。

そして、この国際ブランドでは、VISAがアメリカ、Masterがヨーロッパ、JCBが日本やアジアなどというように、それぞれどの地域での利用に関して利便性が高いのか?という特徴があります。

ですので、主にどの地域でクレジットカードを使うのか?によってどの国際ブランドが適しているのか?を考慮して選ぶのも良いかと思います。

ポイント還元率

ポイント還元率とは、クレジットカードを利用した際に、利用した金額の何%分のポイントが付くのか?を表したものになり、当然ですが還元率が高い=その分が値引きに値するためお得なカードと言えます。

そして、現在のクレジットカードの一般的なポイント還元率は1%程度、つまり1,000円のお買い物で10円分のポイントが付く計算になります。

1,000円で10円と聞くと何だか少ないと思われるかも知れませんが、毎月10,000円分のお買い物では年間1,200円分のポイントが還元される事になり、この利率は貯金よりも高くなっていますよね?

 

さらに言えば、クレジットカードによってはポイント還元率2%のものや、カードの利用金額に応じて還元率がアップするものなどがあるため、これ以上にポイントの上乗せが可能となっています。

私の経験上、クレジットカードにポイント還元があるのか?無いのか?または還元率が高いのか?低いのか?は後々のカード利用では大きな差になって表れてくるため、なるべくポイント還元率の高いものを選んだ方が良いでしょう。

即日発行

以前ではクレジットカードの発行まで1~2週間、長くて1ヶ月程度掛かっていましたが、近年のクレジットカードの審査システムの進歩によって現在では即日で発行されるクレジットカードが何種類かあります。

これも私の経験上、クレジットカードが欲しいと思ったら1日でも早く欲しくなるものです。ですので、1日でも早くクレジットカードが欲しいのであれば、即日発行のものを選ぶと良いでしょう。

ただ、いくら即日発行だからと言っても、肝心の審査に落ちてしまったら発行されませんので、即日発行のクレジットカードの審査基準に達しているのか?を確認してから申し込んだ方が良いでしょう。

ETCカードの有無

自家用車があり、良く高速道路を使っているという人には必須のETCカードですが、実はクレジットカードによってはETCカードが付帯されていないものがあるのです。

さらに言えば、クレジットカードの年会費は無料だけど、ETCカードの年会費は有料になっているものがあるため、ETCカードの有無と共に年会費が有料なのか?無料なのか?についても良く調べる必要があります。

家族カードの有無

これも先程のETCカードと同様に、クレジットカードによっては家族カードが付帯しているものといないものがあります。さらに、ETCカードと同様に本カードは年会費無料ですが家族カードは年会費が有料というものもあります。

また、家族カードが付帯されていても発行枚数には制限が付いているものもあるため、家族カードも欲しいのであればその辺りも考慮して選ぶ必要があります。

ちなみに、家族カード審査では基本的に家族カードを持つ予定の人の審査は無く、本カード会員の与信審査のみとなっていますので、本会員の属性や信用情報に問題が無ければ発行されます。

旅行傷害保険の有無

クレジットカードによっては、旅先での病気や事故、トラブルなどに対応した国内旅行傷害保険や海外旅行傷害保険などの保険が自動で付帯されている場合があります。

基本的に、旅先では病気や事故、トラブルにはあわない方が良いのですが、いつ何が起こるのかが分からないのが人生なので、万が一の時にこういった保険が付いていると安心ですよね。

ちなみに、クレジットカードに付帯している保険では、海外旅行時の方が国内旅行時に比べ手厚くなっている傾向があるため、旅行傷害保険で選ぶ際には中身を熟慮の上決めていただければと思います。

 

初めてクレジットカードを作る上で注意すべき点とは?

ここまで、初めてクレジットカードの選び方の参考にクレジットカードの特徴について説明してきました。クレジットカード審査への申込を行う前には、あれこれと考える時間が結構楽しかったりします。

ただ、初めてクレジットカードを作る上で注意すべき点があり、それは初めてクレジットカードを作る=審査で重要になるクレジットヒストリーが無い可能性があるのです。

 

これは、過去にクレジットカード以外の金融商品(消費者金融のキャッシングやオートローンなど)の利用があれば、その支払い情報がこのように個人信用情報機関の信用情報に登録されていますが、今まで金融商品の利用が全くないという人にはそれがありません。

審査では、今までの利用実績を信用情報で確認する事になるため、利用実績が全く登録されていない人は良好な利用実績が登録されている人よりも不利になる可能性があるのです。それは、新規の人よりも利用実績のある人の方が信用力が高くなるためです。

 

そして、30歳以上で利用実績の登録が無いという人は過去に金融事故を起こしており、その情報が信用情報から削除された=利用実績が何も無いと判断される可能性があるため特に注意が必要になります。

ですので、そういった人が初めてクレジットカードを選ぶ、または審査に落ちてしまった場合には、利用実績が無くても審査可決の実績があるクレジットカードを選ぶか?もしくは携帯電話本体の分割払いを使って良好な利用実績を作ってからクレジットカードを作った方が良いかも知れませんね。

いずれにしても、審査では良好な利用実績の登録が無いと審査落ちする可能性がありますので、常日頃から良好な利用実績の積み重ねを意識しながらカードの利用を心掛けて下さい。

 

スポンサーリンク





サブコンテンツ

このページの先頭へ