JCBカード審査の詳細はこちら

JCBカードは日本初の世界的ブランドです

JCBオリジナルカード

現在、日本を含む世界中で多数のクレジットカードが発行されており、その中でもVISAやMaster、さらには日本初のJCBなど世界的なブランドと提携して発行しているクレジットカードが大多数を占めています。

そして、これらクレジットカードを持つためにはクレジットカード審査に通る必要がありますが、VISAやMaster、さらにJCBカード審査の審査基準は非公表になっているため、これらのカードを持つためには何としても審査に通る必要があるのです。

 

特に、日本初の世界的なブランドでもあるJCBブランドは日本国内での利用場所も数多くあるため、このJCBカードがあれば日本国内において快適なクレジットカードライフを送る事が可能ですが、JCBカード審査に対して不安のある方もいるかも知れません。

そこで、今回の記事ではJCBカード審査の詳細について説明します。この詳細を知る事でその対策を立てる事が可能になるため審査に通る可能性も高くなります。

 

スポンサーリンク


JCBオリジナルカード審査の難易度は以外と・・・

今回取り上げるJCBカード審査ですが、これは楽天カードJCBやツタヤTカードプラスなどの、いわゆるJCB提携カードとは違い、JCBが独自に審査・発行を行っているプロパーカード(JCBオリジナルカード)の事になります。

プロパーカードになるため、このJCBオリジナルカードの難易度は少し高めに設定されているのか?と思いきや、実はそれほど高くはなく、後述する審査基準を見ていただければ分かりますが、一般的なクレジットカードと比べてもあまり変わりはありません。

※関連記事ロパーカードより提携カードが審査では有利になるって本当?

 

そのため、審査基準を理解し事前に審査対策をしておけばJCBオリジナルカード審査に通る事は十分可能となっていますので、審査に不安のある人は焦らずに審査前の準備を行っていただければと思います。

 

審査基準はこちら

ここからは、JCBオリジナルカードの審査基準について説明していきます。先程も説明しましたが、JCBオリジナルカードは提携カードとは違いますが、その審査基準は一般的なカードとあまり変わっていないため、それほど構える必要はありません。

 

株式会社JCBの加盟個人信用情報機関

株式会社JCBが加盟している個人信用情報機関ですが、これはCICとJICCになっています。という事は、現在CICとJICCに延滞や金融事故情報が登録されている場合には、当然ですが審査に通る可能性は低くなりますので、その場合には信用情報から事故情報が削除されてからの申し込みをお勧めします。

 

JCBオリジナルカードの審査基準

JCBオリジナルカードの審査基準ですが、概ね下記の通りとなっていますので、審査申込の際の参考にしていただければと思います。

JCBオリジナルカードの審査基準 審査基準の詳細
申込資格 18歳以上で本人または配偶者に安定した収入がある方、もしくは18歳以上の学生(高校生除く)
勤務形態

JCBオリジナルカードの口コミを見る限りでは、会社員はもちろんですが、自営業者、パートやアルバイト、学生や派遣社員の方の審査可決実績が複数ありましたので、無職以外であれば審査に通る可能性は十分あります。

勤続年数 勤続年数は最低でも1年以上が欲しいところです
年収 他の属性や信用情報次第ですが、年収は最低でも200万円以上無いと審査に通る事は難しいです
他社借入

他のクレジットカードと同様に、他社借入は無し、または少ないに越した事はありません

 

審査期間はどれくらい?

JCBオリジナルカードの審査期間ですが、インターネットからの申し込みの場合には、早ければ数十分で、遅くても2~3日以内には審査結果の連絡が届きます。その後、審査に通っていればクレジットカード発行の手続きを経て約1週間から10日程度でカードが届きます。

審査申込からカード到着までおよそ1週間~10日程度なので、他のクレジットカードと比べても一般的な審査期間となっています。ちなみに、審査で必要な本人確認書類等の書類をネット上ではなく郵送にて行った場合には、郵送に掛かる期間があるため先程の期間よりも2~3日程度遅くなります。

 

JCBオリジナルカード審査の口コミ

このJCBオリジナルカード審査の口コミですが、自営業や派遣、パートやアルバイトでも複数の審査可決実績があるため、あまり職業による有利不利は無さそうです。もっとも、無職や年金暮らしの人では審査可決実績がないため、審査に通る事は出来ないと思っていた方が良いです。

また、審査否決実績を見てみると、会社員もありますが自営業や派遣、学生などの否決実績が目立っているため、こういった職種の人は他の属性や信用情報が鍵になってくると思われます。

いずれにしても、少しでも審査に不安のある人は、申込前にしっかりと自分の置かれている状況を確認した上での申し込みをお勧めします。

 

スポンサーリンク





サブコンテンツ

このページの先頭へ