三井住友visaゴールドのメリットはこちら

ゴールドカードの中の王様の三井住友VISAゴールド

三井住友visaゴールドのメリットはこちら

ステータスの高いゴールドカードの中でも、その知名度の高さは群を抜いている三井住友VISAゴールドカード。このゴールドカードは三井住友カードが発行しているカードになりますが、ゴールドカードといえば、カードを持つだけのメリットがあるのか?が気になるところですよね?

もっとも、一般的にゴールドカードと言えば年会費が高いため、毎年維持していくのが大変だという方を私は数名見てきていますので、年会費以上のメリットが無いとゴールドカードを持つ意味があまり無いように思えます。

そこで、今回の記事ではゴールドカードの中の王様とも言える三井住友VISAゴールドのメリットについて説明します。このメリットを読んでいただければ、年会費を払ってでも手に入れたいと思うかも知れません。

 

スポンサーリンク


三井住友VISAゴールドには色々なメリットがあります

はい、早速三井住友VISAゴールドのメリットについていくつか説明していきますね。ゴールドカードと言えば高額な年会費というデメリットがありますが、このデメリット以上のメリットがあればゴールドカードを持つための理由にもなるため、このメリットの把握は重要になります。

 

三井住友VISAゴールドのメリットはこちら

三井住友VISAゴールドのメリット メリットの詳細
高ステータスカードとしての知名度が抜群

三井住友VISAカードと言えば、私たちカードホルダーとしては憧れのブランドになりますが、このゴールドカードになると持っているだけで高スタータスが約束されています。

そのため、他のゴールドカードと比べても高ステータスカードとしての知名度が抜群となっており、持っているだけで優越感に浸る事が出来ます。

利用可能限度額が高い

一般的にゴールドカードの利用限度額は最初から高く設定されており、この三井住友VISAゴールドの利用限度額もショッピング利用枠が300万円となっています。

一般的なクレジットカードの利用限度額が100万円程度となっている事からも分かるように、この三井住友VISAゴールドの利用限度額はゴールドカードの中でもかなり高い部類に入っています。

サポートが充実している

三井住友VISAゴールドには、三井住友visaゴールドデスクという専門のサポートがあり、専用のフリーダイヤルにてサービスのことや各種手続きなどについて、24時間365日ゴールド専任の方へ気軽に質問や相談をする事が可能です。

特に、クレジットカードの紛失や盗難に遭ってしまった場合でも、24時間365日対応してくれますので、万が一の時でも安心する事が出来ますね。

空港のラウンジの利用が可能

三井住友VISAゴールドを持っていると、国内の主要な空港内に設置されている空港ラウンジを無料で利用する事が可能となっています。そして、現在対象となっている空港ラウンジは下記の通りです。

 

●新千歳空港 スーパーラウンジ/ロイヤルラウンジ
●函館空港 ビジネスラウンジ A Spring
●青森空港 エアポートラウンジ
●秋田空港 ロイヤルスカイ
●仙台空港 ビジネスラウンジEAST SIDE/ビジネスラウンジWEST SIDE
●新潟空港 エアリウムラウンジ
●富山空港 ラウンジ らいちょう
●成田国際空港 ビジネス&トラベルサポートセンター内ラウンジ/T.E.Iラウンジ
●羽田空港 第1旅客ターミナル エアポートラウンジ(中央)、POWER LOUNGE NORTH / SOUTH
●羽田空港 第2旅客ターミナル エアポートラウンジ(南/北)、POWER LOUNGE NORTH
●羽田空港 国際旅客ターミナル SKY LOUNGE/SKY LOUNGE ANNEX
●中部国際空港 プレミアムラウンジセントレア
●小松空港 スカイラウンジ白山
●伊丹空港 ラウンジオーサカ
●関西国際空港 カードメンバーズラウンジ 六甲・金剛・比叡/アネックス六甲
●神戸空港 ラウンジ神戸
●岡山空港 ラウンジマスカット
●広島空港 ビジネスラウンジ もみじ
●米子空港 ラウンジ DAISEN
●山口宇部空港 ラウンジきらら
●徳島空港 エアポートラウンジ ヴォルティス
●高松空港 ラウンジ讃岐
●松山空港 ビジネスラウンジ/スカイラウンジ
●福岡空港 くつろぎのラウンジTIME
●北九州空港 ラウンジひまわり
●長崎空港 ビジネスラウンジ アザレア
●大分空港 ラウンジ くにさき
●熊本空港 ラウンジ「ASO」
●鹿児島空港 スカイラウンジ菜の花
●那覇空港 ラウンジ 華 ~hana~

 

飛行機を利用する場合には、出発時間の1~2時間前には空港に到着しているという方が多いと思いますが、あまり早く行っても空港内で時間を持て余す可能性がありますよね?

そんな時に、無料で空港内のラウンジを利用出来れば、空港ラウンジでは各種ソフトドリンクが飲み放題となっており、電源コンセントや新聞・雑誌なども置いてあるため出発までの時間を快適に過ごすことが可能になります。

さらには、ラウンジ内にアルコールやおつまみとなるスナックなどが用意されているところもあります。ただ、いくらアルコールが置いてあるからと言っても出発前に飲み過ぎで飛行機の機内で他のお客様に迷惑を掛けるようなことは絶対にしないで下さい。

付帯保険の充実

一般のクレジットカードにも国内・海外旅行傷害保険(国内が付いているカードは少数)が付いているものがありますが、この三井住友VISAゴールドに付いている国内・海外旅行傷害保険の保険金額は、驚異の最高5,000万円となっています。

さらに、傷害保険や疾病保険も最高300万円となっており、国内はもとより海外において病気やケガなどになっても安心して治療を受ける事が可能です。

もっとも、日本とは違い海外の医療費は高額になっているため、病気やケガの程度によっては300万円を超える可能性がありますので、海外旅行先での病気やケガが心配な方は別途海外旅行保険付きのクレジットカードを持っていくか、保険会社の傷害保険に加入する事をお勧めします。

 

また、三井住友VISAゴールドの国内・海外旅行傷害保険は本人だけではなく家族にも適用され、家族の場合には死亡・後遺障害で最高1,000万円、傷害保険や疾病保険で最高200万円の保障が付いています。

万全のセキュリティ

三井住友VISAゴールドには、本人認証サービス(ワンタイムパスワード)や顔写真入りカード(希望者)などによって、第三者による不正利用を防ぐ事が可能となっています。

また、万が一第三者による不正利用が起こった場合でも、届け出日からさかのぼって60日前までの損害について補償を受ける事が可能です。

さらに、24時間365日不正検知システムが作動しているため、カードの不正利用があるとすぐに連絡が来るなど、万全のセキュリティ体制となっています。

ドクターコール24の利用が可能

この三井住友VISAゴールドには、無料で24時間365日、医師や看護師、さらには保健師へ電話をして各種相談をする事が出来るサービス、ドクターコール24が付いています。

人生、いつ何が起こるか分かりませんので、万が一の時のためにこうした医療系のサービスを受ける事が出来るという事はかなりのメリットと言えますね。

さらに、こうした医師への無料相談サービスは、他のゴールドカードには付いていないものがありますので、このドクターコール24はお得なサービスと言えるのではないでしょうか?

 

いかがでしたか?ここまで三井住友VISAゴールドについて、さまざまなメリットを説明してきました。年会費が10,000円と少し高額かなと思うところはあるかも知れません。ただ、これだけのメリットを考えると、十分年会費分の元は取れるのではないでしょうか?

24時間365日の不正検知システムや国内・海外旅行傷害保険の高額な補償内容、ドクターコール24など、そのメリットはかなり大きい三井住友VISAゴールド、あなたも是非持っていただければと思います。

 

スポンサーリンク





サブコンテンツ

このページの先頭へ