楽天カード審査の時間はこうなっています

楽天カード審査に通るためには時間が必要です

楽天カード審査の時間

今や知らない人はいないと思えるほど、その人気・知名度はかなり高い楽天カード。特に日頃から楽天市場を使用する方にとっては何かと便利となっているため、現在楽天カードを持っていない方は何とかしてカードを持ちたいと思っている事でしょう。

そして、楽天カードを持つためには審査に通る必要があり、楽天カードに限らず審査にはある程度の時間が掛かり、審査時間が気になるという方も多いと思います。

そこで、今回の記事では、楽天カード審査に掛かる時間について説明します。これは、人間の心理になりますが、欲しいと思ったカードはすぐにでも手に入れたいと思うため、この審査時間は気になるところでしょう。

 

スポンサーリンク


楽天カード審査の時間について

ここからは、楽天カード審査に掛かる時間について、色々な方面から調査しましたので説明していきます。インターネットの検索キーワードを見てみると、審査時間について皆さん色々なキーワードで探しているようなので、ここでもいくつかのキーワードを取り上げて説明します。

 

楽天カード審査の時間帯はこちら

この楽天カード審査への申し込みですが、インターネット経由で24時間365日受け付けています。そして、肝心の審査はあらかじめスコアリングシステムを組み込まれたコンピュータで行われるため、スコアリングの結果と信用情報に特に問題が無ければ、早い方では数分で審査結果が送られてきます。

つまり、楽天カード審査の時間帯は基本的に24時間365日コンピューターにより行われています。ただ、これはあくまでコンピューターによる審査が行われているのであって、スコアリングや信用情報に多少の問題がある方は、その後審査担当者による審査が行われます。

そのため、この場合には営業時間内の9:00~17:30であれば営業時間内に、そうで無い場合には翌営業日の審査になってしまうため注意が必要です。ちなみに、スコアリングの点数が低い、または信用情報にネガティブな情報が登録されている方は即審査落ちになる可能性が高いです。

 

楽天カード審査の時間は夜に行われる?

先程も説明しましたが、楽天カード審査はコンピューターによって24時間365日(ネット申込)が行われているため、夜間に申込を行った場合でもスコアリングや信用情報が良好であれば早い方では数分で審査結果が届くようです。

もっとも、インターネットが普及していない時代には、審査はクレジットカード会社の営業時間内に限定されていた事を考えると、ネット普及によって審査システムも大きく改善されていますね。

 

楽天カード審査の時間について土日はこうなります

楽天カード審査は、基本的に土日祝日関係なく機械審査(コンピューターによる審査)が行われているため、土日であっても24時間行われています。ただ、これはあくまで審査が行われているだけであって、すぐに審査結果が出るかどうかは申込者の属性や信用情報によるところが大きくなります。

特に、即審査落ちするまでもないような、属性や信用情報に微妙な問題がある場合には、機械審査→審査担当者による審査になるため、審査申込が土日だとしても審査結果は最短でもクレジットカード会社の翌営業日にならないと出てきません。

 

楽天カード審査の時間が長いのですが?

楽天カード審査はでは、早い方で最短数分で審査結果が届いたという事例が複数報告されています。ただ、こういった方は属性や信用情報がかなり良好である可能性が極めて高くなっているため、そうでは無い方は審査に時間が掛かる場合があります。

もっとも、審査への申し込みを行う方には、それぞれ持っている属性や信用情報が異なっているため、申し込み者によって審査時間に差が出る事は仕方ありません。そこで、ここからは何故楽天カード審査の時間が長いのか?について、その理由を説明していきます。

 

スコアリングの結果当落ラインぎりぎりのところにいる

楽天カード審査では、コンピューターによるスコアリングシステムを採用しているため、審査への申し込みがあるとその情報が瞬時にコンピューターによって点数化されます。そして、スコアリングの結果が審査基準を満たしていれば審査可決され、基準を満たしていなければ審査否決になります。

ただ、スコアリングの結果が審査可決・否決のどちらとも取れない場合には、その後は審査担当者による人の手によって審査が継続される事になるため、審査が長くなる可能性があります。

 

申込内容と信用情報に登録されている内容が異なっている

楽天カード審査では、申込書に記載の内容を元に審査を進めていく訳ですが、この申込書に記載の内容(住所や電話番号、勤務先)と個人信用情報機関の信用情報に登録されている情報が異なっていると、カード会社ではさらに情報のすり合わせを行うため、審査に時間が掛かる=審査が長くなります。

そのため、楽天カード審査を短く済ませたいのであれば、現在の属性情報と信用情報に登録されている情報の一致が必須になってきます。

 

信用情報に事故情報が登録されている

個人信用情報機関の信用情報に重大な延滞や金融事故情報が登録されていると、審査には通らない可能性が極めて高くなります。ただ、重大な延滞や金融事故情報まで行かないような軽微な延滞情報が登録されていた場合には、より細かな調査を行う必要があるため、結果として楽天カード審査が長くなってしまいます。

 

申込件数が多くなっている

楽天カードでは不定期にキャンペーンを行っており、このキャンペーンによって楽天カード審査へ大量の申し込みが発生している場合には、申込件数に比例して審査に時間が掛かる=審査が長くなってしまいます。

 

楽天カードの審査結果が来ない場合について 

楽天カード審査に申し込んだものの、中々審査結果が来ないという方がいるかも知れません。もっとも、審査へ申し込んだ場合にはその結果は早く知りたいものなので、中々審査結果が来ないとやきもきしてしまいますよね?

楽天カードの審査結果が来ない

そこで、この楽天カードの審査結果が来ないケースには主に2つの理由があって、1つ目は個人信用情報機関の信用情報に軽微な延滞情報が登録されていた場合になります。

これは、先程も出てきましたが、信用情報に即審査落ちにならないような軽微な延滞情報があるとより詳細な審査が必要になるため、中々審査結果が来ないという状況になってしまいます。

 

そしてもう1つは、各種キャンペーンによって申込件数がかなり多くなっている場合になります。これも先程出てきましたが、通常の申込件数よりも多くなってしまうと審査に掛かる時間も普段より長くなってしまいます。その結果中々審査結果が来ないという状況になってしまうのです。

そのため、楽天カード審査に申込を行ったけど、中々審査結果が来ない場合には、これらの理由によって審査が長くなっている可能性があるため、もう少し待つ必要があります。

 

楽天カードのご本人様確認が進まないのはなぜですか?

これは、楽天カードのキーワード検索で出てきたものですが、楽天カード審査では申込者の状況によって審査の進むスピードが異なります。機械審査で特に問題が無ければすぐにカード発行のメールが届きますが、何か問題があれば機械審査から審査担当者によって審査が継続される事になります。

そして、楽天カード審査では審査担当者による審査(審査中)の後にご本人様確認が行われていますが、何もこれは必ず申込者本人に電話が掛かってくるという訳では無く、申込者本人の情報と信用情報に記載されている情報や楽天市場に登録されている情報を照合して本人確認を行っているのです。

そのため、審査申込書に記載の属性とこれらの属性の内容が異なっている場合には、本人確認が取れない=ご本人確認が進まなくなってしまいます。

 

ですので、ご本人様確認が進まない場合には、今一度申込書に記載した住所や電話番号などの属性と信用情報や楽天市場に登録されている属性の不一致が無いのか?を確認する必要があります。

もっとも、信用情報の登録内容は信用情報の開示請求を行わない限り見る事が出来ませんので、楽天市場の登録内容だけでも確認して情報の相違があれば修正する事をお勧めします。

 

スポンサーリンク





サブコンテンツ

このページの先頭へ