楽天カードの審査基準はこうなっています

楽天カードを持つためには審査に通る必要があります

今や飛ぶ鳥を落とすごとき勢いの楽天カード。楽天市場でのお買い物時やテレビCM、さらにネット広告などで見かけない日は無いのでは?と思うような露出度で私たちの目に飛び込んできます。

楽天カードの審査基準

これだけ毎日見ていると、楽天カードを作ってみようかな?と考える方がいると思いますが、楽天カードを作るためには、審査の際にあらかじめ設定されている審査基準を満たす必要があります。

 

もっとも、楽天カードを持つためには楽天カード株式会社から信用を得る必要があるため、信用力を調査するための審査に通る事は必要不可欠になりますが、肝心の審査基準が分からなければ申込を躊躇してしまう方がいるかも知れません。

そこで、今回の記事では今やその知名度は日本一かも知れない楽天カードの審査基準について説明します。

 

スポンサーリンク


楽天カードの審査基準はこちら

ここからは、日頃から良く楽天市場を利用している方にとっては是非とも手に入れたい楽天カードの審査基準について説明しますね。もっとも、これは楽天カードに限らず他のカードを持つためにも審査に通る必要がありますが、あらかじめその審査基準を知る事によって、最短ルートでカードの取得が可能になります。

これが、審査基準が分からずやみくもに審査に申し込んでしまうと、審査に通らない=その情報が信用情報に登録される=6ヶ月間は通らない可能性が高くなるという、遠回りをする可能性がありますから。

 

楽天カードの申込資格はこちら

楽天カードを作るためには、その申込資格を満たしている事が最低条件になりますので、この申込条件を満たしていない方は審査に通る事が出来ません。そして、楽天カードの申込条件は下記の通りです。

満18歳以上の方(主婦、アルバイト、パート、学生も可)※高校生は除く

 

非常に簡潔な申込条件となっています。もっとも、満18歳以上というのは楽天カードに限らずほとんどのクレジットカードの申込条件に採用されていますので、これは当たり前と言えますね。

さらに、毎月の収入が無い主婦の申し込みが可能となっている点には要注目ですね。というのも、これは全てのクレジットカードではありませんが、収入が無い主婦の方でも申込不可となっているカードも多くあるからです。

もっとも、クレジットカードを利用すれば、当然その支払い義務が発生するため、収入がない主婦の申込は不可となっているカードが存在する事は当たり前と言えます。ちなみに、満18歳以上でも高校生は申込不可となっており、満18歳以上でも未成年の方は親の同意が必要になります。

 

属性や信用情報の条件はどうなの?

楽天カード審査の属性や信用情報の基準

楽天カードの審査基準は一般的には公開されていません。というか、これは楽天カードに限らず他のクレジットカードの審査基準が一般に公開される事はまずないと考えて下さい。それは、審査基準が公開されてしまったら審査の際にさまざまな悪影響が出る可能性があるためです。

ただ、近年の急速なネット環境の普及によって、ある程度楽天カードの審査基準が判明していますので、その基準を元に説明していきます。

 

■年収

楽天カード審査に限らず、大抵のクレジットカード審査で重要になってくる年収ですが、最低でも200万円以上は必要になります。ただ、これは一般社員における基準であって、申込条件にパートやアルバイト可となっているように、パートやアルバイトの場合には年収100万程度での審査可決実績があります。

もっとも、パートやアルバイトで年収200万円以上という方はごく少数だと思われますし、大抵のパートやアルバイトの年収が100~150万円位と考えると、この年収の基準も納得する事が出来ます。

 

また、主婦の方も申込可能という観点から見ると、主婦の方は年収なしでも審査に通る可能性があります。(審査可決実績あり)ちなみに、主婦の場合には生計を同一にしている家族(配偶者)に一定の収入がある事が条件になっています。

っと、このように審査に通るためには申込条件からヒントを得る事が重要になってきます。

 

■勤続年数

この勤続年数の基準ですが、概ね1年以上あれば問題ないようですね。もっとも、これは楽天カードに限らずこちらの記事でも説明している通り、大抵のクレジットカード審査の基準として勤続年数が1年以上となっている事からも分かる通り、これは妥当な基準と言えます。

 

■他社借入

クレジットカードでは、利用した分の金額は必ず返済を行う必要があるため、審査申込の段階で他社借入があると今後返済を圧迫する可能性が高くなってしまいます。そのため、この他社借入は出来るだけ少ないに越した事はありません。

そして、クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠が付いており、ショッピング枠は割賦販売法、キャッシング枠は貸金業法の総量規制の影響を受ける事になるため、それぞれの法律で定められている金額の範囲内に収まっている必要があります。

 

また、これ以外でもこちらの記事で説明している審査に通るために必要な条件を満たす事が重要になってきます。特に短期間で複数の審査へ申し込みを行っている方は注意が必要です。

 

楽天クレジットカード審査なしってどういうこと?

これは、ネットで楽天カード審査について調査していた時に発見したキーワードになりますが、恐らくこのキーワードで検索していた方は、楽天クレジットカードを審査なしで持てるのか?を調べていたと思われます。

もっとも、審査なしで楽天カードを持つ事が出来れば審査に不安のある方でもカードを持つ事が可能になるため、こういったキーワードで検索してきたものと思われます。ただ、これは言うまでもありませんが、楽天カードを持つためには審査に通る必要がありますので、審査なしで楽天カードを作ることは出来ません。

 

楽天カード審査で学生は大丈夫?

学生の方でも楽天市場を利用するケースが多々あると思いますが、そんな時にはかなりお得な楽天カード、学生でも審査に通る事が可能なのでしょうか?というか、これは楽天カード審査の申込条件にも記載がありましたが、満18歳以上の学生でも申込が可能となっています。

ただ、学生でも未成年の方は親の承諾が必要になりますが、楽天カード審査に通る事は十分可能となっています。(審査可決実績あり)しかし、いくら学生でもクレジットカードを利用すればその支払い義務が発生しますので、アルバイトをするなりして毎月収入を得た方が良いでしょう。

 

楽天カード審査では無職も通る事が可能?

通常、クレジットカード審査では毎月安定した収入が求められるため、収入が無い無職の場合には即審査に落ちる可能性が高くなっています。ただ、この楽天カードに関して言えば、申込欄に

お勤めされていない方という選択項目があり、さらにその下に預貯金金額を入力する箇所があります。

これは一体どういう事かと言うと、申込欄にこういった項目がある=こういった属性の方も審査対象になっているのです。つまり、無職の方でもある程度の預貯金がある場合には審査に通る可能性があるのです。(審査可決実績あり)

また、基本的に年金受給者の方は無職の場合が多いのですが、楽天カード審査では年金受給者=収入があると判断されるため審査に通る事が可能となっています。

 

もっとも、これは楽天カードに限りませんが、クレジットカード審査申込書に記載されている必須事項に意味のないものは1つもありませんので、申込書の必須事項には特に注意が必要になります。

ちなみに、無職の方の預貯金額ですが、ネット上の口コミを見ているとおおよそ300万円以上あれば審査に通る可能性があるようです。逆に、預貯金額が100万円以下の場合には審査に通らない可能性が高いため注意が必要です。

 

スポンサーリンク





サブコンテンツ

このページの先頭へ