カード審査にも色々な特徴があるのです

クレジットカード審査は色々です

a0003_001907

100種類でもそれらのクレジットカードを調べるのには相当の時間が掛かりますが、1万種類以上ものクレジットカードなんて想像しただけでもイヤになりますよね?

そんな時、役に立つのがインターネット上に複数ある審査の緩い(または審査の甘い)クレジットカード情報のサイトやブログになるかと思います。

 

そして、これらのサイトやブログでは、1万種類以上の中から厳選したクレジットカードが紹介されています。まあ、現実問題として1万種類以上も調べるのはほぼ不可能なので、アフィリエイトASPの中から厳選したクレジットカードを紹介しているものと思われます。

顧客が欲しいクレジットカード会社では、各アフィリエイトASPに自社クレジットカードを登録していますので、 インターネット上でクレジットカードを調べる上でこのアフィリエイトASPは便利だと思います。

っと、少し話が逸れてしまいましたが、インターネット上でこれらのクレジットカード情報は数多くありますが、果たしてこれらの情報は本当なのでしょうか?それとも嘘なのでしょうか?

 

スポンサーリンク


審査はやってみないと分からない

極論から言うと、いくらインターネット上でサイト管理者からの誘惑が強くても、クレジットカード審査に通るのか?落ちるのか?は実際にやってみないと分からないという事です。

というのも、ネット上では、○○カードはアルバイトの年収○○でも通った、最近落ちまくっていたが○○カードには通ったなど、個人の実体験(本当かどうかは別として)が掲載されていますよね?

ただ、果たしてこういった方々と全く同じ属性情報や信用情報を持っている方が、一体何人いるのでしょうか?という話なんですよ。

 

つまり、クレジットカードに申し込む方それぞれに固有の属性情報や信用情報があり、また各クレジットカードにはそれぞれ審査基準があるため、その結果はやってみないと分からないのです。

信用情報に支払い情報や申込情報がどの程度登録されているのか?過去に自社及び他社での延滞や事故履歴はないのか?他社借入残高はどれくらいなのか?など、その違いを挙げればキリがありません。

そして、クレジットカード審査では、クレジットカード申込者について少しでもおかしなところがあれば徹底的に調べる傾向がありますので、その結果大丈夫だと思っていても落ちてしまう場合があるんですね。

 

ですので、インターネット上のクレジットカード情報に誘惑されそうになっても、それを100%鵜呑みにするのではなく自分の属性情報や信用情報なども考慮してクレジットカード審査に申し込む必要があります。

 

審査基準が狙い目のクレジットカードには傾向がある

これについては、過去に当サイトでも説明しましたが、クレジットカード単体ではなくある系列(種類)によって判断する事が可能です。例えば、リボルビング払い専用カードやハウスカードなどは、審査基準が狙い目となっています。

または、流通系や石油系などの自社顧客層とマッチしそうな方であれば、そういった系統のカードを選択するという方法もありますし、1社しか発行していませんがこちらで紹介している消費者金融のACマスターカードもお勧めです。

さらに言えば、テレビCMを頻繁に流しているクレジットカードやキャンペーン中のクレジットカードなども狙い目となっています。ですので、クレジットカード審査で困っている方には、CMやキャンペーン中など、時期によって審査基準が異なっているクレジットカードがお勧めですよ。

 

スポンサーリンク





サブコンテンツ

このページの先頭へ